AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

苫小牧方面 クロガシラ2、爆

2018年4月21日

4月も後半、ようやく気温が上がり、防寒着を着てると暑く感じるようになりました。
そして来週からはいよいよGW、わくわくしてきますね。

わたしGWは、昨年に引き続き奥尻に渡る予定で、クラブの皆さんとクロガシラ、ホッケ、カジカを狙いに行ってきます。(^_^;)

GWの話はさて置き、今週末ですけど何処に行きましょうか、
例年なら日本海でマガレイを追いかけている頃ですが、わたしの行きたいところはギス軍団が、いまだ猛威を奮っているようです。

ちょっと早いけど積丹方面の根魚狙いを考えましたが、週末の積丹方面は波が高いようなので断念。
結局、先週に引き続き苫小牧勇払海岸のクロ狙いと、超楽ちん釣行を選択しました。(^_^;)

勇払海岸到着は朝4時頃
海岸に降り立つと、今日は波が高めです。
でも逆に波がある方が、サーフでのポイント探しには好都合なんですよね。

海岸線を歩き、波の立ち具合、海岸の形状、潮の遡上などから海底の起伏を読み、ここぞという場所に釣座を構えました。

此処です。ヽ(^o^)

って、何処やねん。\\\٩(๑`^´๑)۶////

サーフのポイントは、日によって変わりますからね、(^_^;)

今日も誰もいないサーフ、場所は選び放題でした。さて今回の場所は、アタリでしょうか、ハズレでしょうか、

今日も4本態勢
2本はコマセロケット付仕掛けで、50メートルほどに打ち込み、残り2本は遠投しますが、なんせ向かい風が強く、まったく飛びません。(>_<)
風速は5メートルはあるようです。

前回は遠投に分があったので、あまり飛ばないこの日は厳しいと思いましたが、遠投(と言っても100mほど)した竿に早速アタリきました。
早合わせは禁物、じっくり待ってラインがふけたところで合わせます。

おー、けっこう重いかも・・

30センチほどのクロがダブルで付いてきました。(≧∇≦)
幸先良いスタートですよ。

さらに、

さらに、さらに、

これは重かった、重量感は50㎝オーバーなんだけど、残念40㎝と38㎝のダブルでした。(^_^;)

この日は、入れ食いとはいかないまでもコンスタントにアタリがあります。
しかも釣れる時はダブルで付いてきます。

今日の場所選びは正解でしたね。

なんて思ってますけど、実は単にクロの活性が高いだけで何処でも釣れてたのかも知れません。
でも、わたしの他にこの広いサーフには誰もいないので、その真相は謎のままです。(^_^;)

調子よく釣れ続け、このままだと何匹釣れるのかと心配しましたが、その心配は無用でした。

8時を回った頃から風が更に強くなります。
波も高くなってきて、波打ち際には昆布、海藻などが漂い始め、それがラインに絡んで、まったく釣りになりません。(>_<)

ここが潮時、撤収、(`_´)ゞ

本日の釣果です。

近郊でこれだけ釣れるのなら、わざわざ奥尻まで行かなくても、十分な気がしてきました。(^_^;)



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



マイクロフリップ、EZノッター、次世代オモリROCKなどユニークな釣具【Gear-Lab】

苫小牧方面 クロガシラ

2018年4月14日

今年は近郊の釣り場が好釣のようです。
小樽のマガレイ、クロは南防、港内の各埠頭で型の良いものが釣れているのだとか・・・
また、石狩新港でもクロの型物に加え、ホッケが大漁ということですから、近郊の釣り場は嘸かし賑わっている事かと思います。

そんな好釣な近場の釣り場には目もくれず、今回も太平洋のクロ狙いで行ってきました。

場所は、ここです。

って、何処やねん。\\\٩(๑`^´๑)۶////

別に隠すつもりはないんですけどね。(^_^;)

場所は、苫小牧勇払の海岸です。
勇払海岸では、日本製紙前のテトラ帯のあるサーフが人気の場所
この日も3組ほどの釣り人の姿がありました。

今回わたしが入った場所は、更に西側に広がるサーフで、ここといったポイントのない場所なので誰〜もいません。
したがって、力いっぱい竿を振れますし、何処に投げてもOK、今日はナゲホーです。(^o^)/

今回狙ったのは朝マズメの時間帯、準備できた竿から順次投げ込み4本の竿をそろえたところで夜明けを迎えました。

天気は良い感じですが、南風がやや強く、冷たい風を真正面から受ける感じで、竿先見てるのがちょっと辛いかなぁ、
何て思ってたら最初に投げた竿のラインが、だらぁんと大きくふけてます。

狙いのクロガシラです。居ましたねぇ。

すると今度は、右側にセットした竿、二本同時にアタリきてます。

37㎝と32㎝のまずまずのサイズ。
幸先の良いスタートに、「今日はもらったぁ」と雄叫びをあげるも、その後はどうしたことかぱったりアタリが止まります。

・・・・・

沈黙の1時間半

チェアに座ってうとうとしてると、1本の竿が大きくお辞儀し、三脚ごと倒されます。

超大物かぁぁぁ、竿に飛びつき、合わせようとしたその時、

あれ?

目に映ったのは翼をバタつかせている黒い鳥の姿・・・

名前のわからない鳥ですけど、カモメと違っておとなしいです。ラインを外すと元気に飛び立って行きました。

その後もクロの活性が上がる気配がないので、早々と竿じまいです。

本日の釣果

朝マズメは良かったんですけど、その後はさっぱりでした。(^_^;)

※追伸
参考までに釣り場のデータです。
・2色付近の水深:3m、1色付近の水深:2m
・水温:6度


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村






マイクロフリップ、EZノッター、次世代オモリROCKなどユニークな釣具【Gear-Lab】

苫東クロガシラを狙う

2018年4月7日

春めいてきたと思ったらこの天気、なんなんでしょうね。(^_^;)

土曜日の日本海側は、条件は良さげなので、金曜夜から出かけようと思ってましたが、生憎の雨模様。
普段、雨など苦にもしない私ですが、この日は行こうと思っていた場所が、雨だとちょっと危険なので断念です。

今週末は休みかな・・・と思ってたけど、雨も然程でない様子、そこで夕まずめ狙いでちょっと行ってきました。

ターゲットはクロガシラ。
近郊石狩でも釣果情報ありますが、やはり太平洋方面の方が濃いように思えますので、久しぶりに苫東に釣行です。

まずは、浜厚真漁港のポイントを覗きます。
釣り人は3人程、今来たばかりなのか準備中の様子。

釣り場はあるけど、今回は別の場所を選択します。(^_^;)

ここです。

周文埠頭の掘り込み西端、
深さはある場所ですが、はたしてこの時期、クロは居るでしょうか、

まずは、Deeper投げ込んでみます。

おー、見事に何にもいない。( ̄▽ ̄;)

あちこち調べてみると、唯一反応あるのは沖にあるブイ周辺

とりあえず、ブイ周辺と手前にある駆け上がり付近に仕掛けを投げ込んで様子見です。

・・・・・2時間経過、

魚探の反応の通りです。魚いません。(>_<)
やはり、産卵場所の浜厚真が魚影が濃いのでしょうね。
ここには居ないのわかりましたが、あと1時間で日没の時間、

潮も上げ潮と夕まずめの条件は良いので粘ってみます。

18時頃かな、ブイ付近に投げ込んでた竿に待望のアタリ、焦らずじっくり飲ませてあわせると乗りました。(^o^)/

35センチほどでしょうか、まずまずのサイズです。

苫東のクロは夜釣りの方が調子良いので、この後を期待して粘ってみますが、その後は音沙汰なく20時には納竿としました。

帰宅後、唯一の獲物をさばいてもらいました。

クロガシラのお造り
ふだん刺身で食べることが少ないクロガシラですけど、ほのかな甘みとコリモチとした食感が絶品でしたよ。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村





マイクロフリップ、EZノッター、次世代オモリROCKなどユニークな釣具【Gear-Lab】

大荒れの軍艦岩に挑む

2018年3月31日

一気に春の陽気になった感じで、いよいよカレイシーズン本番、あちこちから良い釣果情報が聞かれるようになりましたね。

さて今週末は何処に行こうか・・

いろいろ考えますが、やはりこの時期は日本海のカレイが熱い・・・しかし釣行を計画する土曜日の日本海は波が高めの予報です。

風向きは南西方向、寿都湾なら波が死んでてよいかなと、普段あまり釣行しない寿都方面に行ってみることにしました。

深夜に自宅を出て、国道5号線蘭越から尻別川沿いに日本海に出て国道229号を南下します。
磯谷、美谷の海岸線は波がありますが、湾の奥に進むにつれ波は穏やかになり、寿都の海岸はべた凪です。

目的地は、樽岸辺りを目論んでましたが、目星き釣り場にはすでに車が止まってます。(^_^;)

出遅れましたね。どうしようか・・・

弁慶岬まできてみたけど、やはり外海は波が高め・・・政泊の海岸を覗いてみました、やはり波があるようです。


(明るくなってからの撮影)

う〜ん。波はあるけどやれない波ではないかな・・このまま突入することにします。(`_´)ゞ

今回選択した釣り場は、通称「軍艦岩」と呼ばれる場所

かつては、名釣り場と呼ばれた場所ですが、ここ最近では良い話をあまり聞かないかなぁ。

ガイド本でも紹介されてる場所で、ウェーダーが必要と書かれているのもありますが、途中の湿地帯をうまくかわせば長靴で十分いけます。
「軍艦岩」は地形的に離れ岩なのですが、その昔、釣り人が運んだと言われる石を伝って岩の基部まで行くことができます。

でも岩に乗るのには3mほどの崖登りがありますので、ご注意を・・(^_^;)

さて10分ほど歩いて目的地の軍艦岩に到着
岩の両端は波被りで、竿が出せそうなのは海面から高さのある中央部だけ、とりあえず1本だけ竿を出して様子見です。

30分ほどで小さなアタリがあり、そのまま放置してたらラインが大きくふけてました。これはカレイでしょう、と思ったら手前でゴンゴンと首振り、42cmのナイスサイズのアブでした。(^_^;)

波あるけど、魚はいるんですね。

朝マズメから竿を追加し3本態勢で本腰入れて狙います。

夜が明けるとパタパタと型の良いホッケが釣れてきましたが、散発的で後が続きません。

夜明けからのカレイを期待してるけど、この波じゃ居ても食ってこないかな・・
内心カレイは諦めてましたが、8時を回ったところで、ようやくカレイきました。でもこのサイズ、(^_^;)

その後、この時間がカレイの時合だったのか、イシモチ、クロガシラと型物が続きます。

これから一気に波にのるかと思いきや、本物の波が釣座に乗ってくるようになりました。

今回の釣座は海面から3メートルほど高さがある場所ですが、これ以上は危険です。

命あっての趣味、撤収、( ̄^ ̄)ゞ

本日の持ち帰りはこんな感じです。

少ないけど型は良いものばかりでした。
今回は条件が悪かったけど、条件良ければ、まだまだ釣れたのではと、後ろ髪を引かれる思いで早めの帰路につきました。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


マイクロフリップ、EZノッター、次世代オモリROCKなどユニークな釣具【Gear-Lab】

霊場 西の河原へ釣行

2018年3月24日

さて週末です。
あしげく通う西積丹方面、今回は釣友M氏から「西の河原でホッケ、カレイ狙いでどうですか」とお誘いを受けまして、

腰が痛いと言ってるのに、悪い人ですね。
誘われたら行くに決まってるじゃないですか、(^_^;)

ジュウボウ岬の付け根に位置する西の河原、根魚場のイメージですが、言わずと知れたカレイの名釣り場、わたし自身ここへの釣行は2年振りとなります。

この釣り場、難易度は高くないけど長い玉石原を進まなければならないため距離以上に体力を使います。
そして最後はここですね。(^_^;)

ちょっとした崖登りがあります。
ここは、かつての遭難者を祀る霊場と呼ばれる場所でもありますので、複数人での釣行をお勧めします。(^_^;)

さて今回の釣り場へ到着は午後11時少し前、海はべた凪と最高の条件です。

状況が良いので釣りの前に、先ずは海底調査。魚探Deeperを投げ込みました。

60m付近の水深は15メートルほどで海底は砂地、水温は6℃です。
30m付近でも11メートルの水深があり、根があるのは直下だけで根魚狙いには厳しい場所ですね。

さて、早速準備して2本の竿をフル遠投。

グオぁ〜、腰がぁ〜 (>_<)
投げる度びに悲鳴をあげてました。

痛み止めを飲んでるけど、瞬間的な負荷には耐えられません。飛距離60メートルが限界、今回はこの距離で勝負です。

口火を切ったのはM氏でしたが、M氏の釣果は後ほどブログがアップされると思いますのでそちらを見てくださいませ。

私にも少し遅れて型の良いソウハチが釣れ、その後これまた型の良いホッケが続きます。

そしてまたまたこれが釣れました。

前回の沼前でも釣れ、大方の見方ではマダラの幼魚とのこと、
スケソウではないかとの意見もあり違いを調べてみたら、マダラとスケソウの大きな違いは、次のようなものでした。
・下顎のヒゲの存在(長いヒゲがあればマダラ)
・下顎と上顎の位置(いかりや長介がスケソウ)
・目の大きさ(目の大きいのがスケソウ)
・体側の模様(模様が筋状なのがスケソウ)

ということで、特徴を比較したところマダラの幼魚だと思われます。
ちょっとタラ系の魚に詳しくなったけど、ショアから狙う魚ではないので私には無駄な知識かもしれませんね。(^_^;)

話は戻って、好調にスタートした夜釣りでしたがその後はパタリとアタリが止まります。

夜釣りでホッケが来てたので、夜が明ければ大漁かもね、と話しながら、満天の星空の下で二人で晩酌、いつしか深い眠りにつきました。

寒さで目が覚め、そして迎えた朝まずめ
夜中は無風だったのが徐々に南西の風が強まってきます。
これではアタリがわからん。( ̄^ ̄)

それでも、マガレイがポツラポツラと釣れてましたが、8時を回ると完全に沈黙です。
時合は来るよね、そう話して粘りますが、風速6メートルを超え、白波が立ち始めるとカレイの期待感は薄れてきます。夜釣りで釣れたホッケも何処に行ったものか、コマセ仕掛けにすら反応がありません。

これはダメですね。10時半には撤収です。(^_^;)
本日の釣果

ホッケは型が良かったけど、カレイは小振りでしたね。
来月カレイの盛期に突入すれば、数が期待できるのではないでしょうか。




にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

春の沼前岬 第2戦

2018年3月21日

痛ぇ〜、腰がぁ〜
持病の関節炎が悪化し先週は歩くのもやっとの状態、とうぜん釣りには行けずでした。(>_<)

そして迎えた春分の日、天気良い感じじゃないですかぁ。
腰も良くなりつつありますから無理のない場所に行きましょう。
と、いうことで行ってきました沼前岬。ヾ(-_-;)


春分の日積丹方面、20日夜は波が高いようですが徐々に落ち着いてきて21日は十分釣りになると踏んでの釣行、今回も深夜から沼前入りです。

腰に負担をかけないよう荷物は少なめ、ゆっくり1時間かけて釣座に到着。

( ̄◇ ̄) ( ̄◇ ̄) ( ̄◇ ̄)

なんですか、これは。
波が逆巻いているというか、ものすごいウネリです。
釣座は海面から3メートル程の高さがあるのですが、足元近くまで波が上がって来る危険な状態です。

波はこれから落ち着くはずだけど、安全のため高台で波が落ち着くの待ちます。
ラジオを聴きながら星空を眺め晩酌、いつのまにか眠りに・・・(-.-)zzZ

どれだけ寝たのか、寒さで目が覚め時計を見ると3時ちょっと前。
海は幾分落ち着いてきた感じで、これなら竿は出せそうです。釣座に戻り2本の竿にイソメとカツオを付けて投げ込みました。

暗いうちは釣れないよなぁ、なんて思ってたら直ぐにアタリがあり、35センチ程のまずまずのホッケがきました。
その後も、同サイズのホッケに続き、竿尻を上げたのは30オーバーのソイ

まだまだ行くよ〜

クロガシラ、(^o^)/
この時期に、こんなに忙しい夜釣りになるとは想定外ですね。

そして迎えた朝まずめ

・・・・・

暗い時あれだけ釣れたのに餌に触りもしない・・・

7時を回った頃からアタリが出てきましたが、釣れるのは28センチ程のマガレイ 、アサバが数枚釣れただけで、期待の30オーバーが出ません。

9時半を回り、そろそろ片付けようかと思っていたところで、80m付近に投げこんだコマセ仕掛けの竿尻が跳ね上がりました。

38センチ、ナイスサイズのマガレイ 、(^o^)/
ここからよもやの時合い突入で、型物のマガレイが続きます。

遠投していた1本針仕掛けの竿もラインがふけてます。
糸を張ると、竿が大きくお辞儀
これは重い、カレイならまちがいなく50オーバーでしょう。
タモを持って低い位置に移動しリールを慎重に巻きます。

ところが浮いてきたのは、大きな火星人、(^_^;)
でも海面に浮いた瞬間に針から外れ海中にお帰りになりました。
そもそも針に掛かっていたのは、型の良いアサバでして、そのアサバに抱きついてただけだったようです。

火星人に抱きつかれてたアサバ

これを釣ったところで終了としまた。
本日の釣果

これでは、わからないって、(^_^;)



持ち帰りは、こんな感じです。

帰りは重くて死にました。そもそも腰が悪いのに釣りには行っては行けませんね、(^_^;)


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

早春の沼前岬2018

2018年3月11日

皆さんお久しぶりです。
年度末の3月、忙しさに拍車がかかり釣りに行く暇がありません。
ちょうど週末は天気の悪い日が続いてましたから、仕事に打ち込む環境だったのが救いかな、(^_^;)

さて今週末、久しぶりに天気は良さげ・・
しばらくご無沙汰の西積丹方面も日曜日なら竿が出せそうな波の状況・・・
この日を逃すわけにはいきませんよね。

仕事をほっぽり出して行ってきました。
場所は沼前岬、毎年2月下旬から3月上旬に行く恒例の場所で、早い時期は数は望めませんが型の良いアサバ、マガレイが狙える場所です。

この時期の釣行で気になるのは積雪、ところが思った以上に雪融けが進んでいるようで、岬先端部までまったく問題なく行くことができました。

この日は、まだ暗いうちから岬に入り、夜釣りからスタート、久しぶりの釣行で逸る気持ちを抑えられなくてですね。笑

釣り座を構えたのが深夜0時
ホッケ、ソウハチ狙いで2本投げ込みますが、全く反応がないまま2時間が経過
この時期、夜釣りじゃ何も釣れないのね。(´ω`)

真っ暗な誰も居ない孤島のような場所
寂しさを紛らわすためラジオを聴きながら竿先を見つめていると、ようやくアタリきました。

38センチのナイスサイズのホッケ、( ´ ▽ ` )ノ
居るじゃないですかぁ。

そして今度は竿がバコンとお辞儀

コマイ?
コマイにしては体高あるよなぁ。もしかしてタラですかね。(^_^;)

そのあとソウハチを1枚追加して夜釣りは終了
迎えた朝マズメ
マガレイ とアザバ1枚、ローソクホッケが2本釣れてその後は沈黙です。

例年この時期のカレイは、日が昇ってから食いが立つ傾向がありますから、ここは我慢して時合いを待ちます。
しかし今日はどうしたものか9時を回っても沈黙は続きます。
回収した仕掛けの餌もそのままです。

投げてる距離は60〜90メートル、近場には居ないのか・・・
仕掛けを一本針に換えて遠投に切り替えたところでアタリが出てきました。

型の良いマガレイ が連発です。
ちょっと遠い所に居るんですね。(^_^;)

遠投でプチ入れ食いが続いてましたが、所用もあり予定した10時30分で竿をたたみます。

本日の釣果です。

数は少ないけど、30オーバーのカレイが7枚と型は良かったです。

そうそう、私の釣り座の隣にサクラ狙いの方が二人いまして、小型ですがサクラ3本ほど上げてましたよ。

春は、もうそこまで来ていると言ったところでしょうか・・


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村