AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

まだ早い太平洋クロガシラ

2018年2月18日

土曜日の竜ヶ岬釣行はギス祭り、魚を釣ったことには釣ったけど満足感がない。
やはり食べて美味しい魚を釣らないと満足感は得られないです。

釣りに行った翌日は、ゆっくり休むのが常だけど、満足感を釣りに太平洋に繰り出しました。
狙いは、美味しい身厚のクロガシラ。

時期的にまだ早いと、わかっちゃいるものの気の早い一匹を求めて苫小牧方面に釣行、昨年も通ったこの場所、午後2時頃に到着です。

地元の若い方二人組が、竿を出してまして、釣果を伺うとアタリもないとのことでしたが、隣に入らせていただきました。

気の早いクロが一枚でも釣れればと、二本の竿を50m付近に投げ込みます。

・・・・・

マッタリです。(^_^;)
昨日の入れ食いが懐かしい。笑

アタリもないので、お隣のお若い方々と釣り談義、「まだ早かったねぇ。」なんて話してたら一本の竿にわずかなアタリ、そして竿尻が跳ね上がります。!(◎_◎;)

竿に飛びつき合わせた途端に、なんとライン切れ、竿先からプッツンです。

なんでぇ〜。

昨年の春に巻いたPE1.5号、春のシーズン前にライン交換と思ってたけど、やはり痛んでたんですね。(ノ_<)

それにしても、こんな時に高切れしなくてもねぇ〜、切れるんなら昨日のギス祭りの最中にでも切れて欲しかった。

アタリがあったことで、俄然やる気を出した三人でしたが、その後続かず。

期待の夕マズメも駄目、ここは夜から良くなる場所と粘るも沈黙の壁は破れません。

夜釣りに突入・・・、気温はマイナス12℃、海面には「けあらし」が立ってます。
結局7時まで粘るも、後にも先にもアタリはラインブレイクした時の1回のみでした。

「来週には釣れるかもね」とお二人とはお別れ、そうそうコーヒーご馳走様でした。
またお会いできる日を楽しみにしてますね。

さて帰宅してから近所の居酒屋で晩御飯。
出てきた、お通しはカジカ汁です。

まさかと思いきや、そのまさかです。笑

身が硬いと思ってたけど、美味しかったですよ。料理人が作ると違いますね。
ただ小骨が多いのが気になるところ、カジカは抱卵もので、卵が良いアクセントになってましたね。

また大量に釣ったら持ってこようかな。(^_^;)


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

冬の竜ヶ岬に挑む2

2018年2月17日

待ちに待った週末ですが、日本海方面は残念な天候となりそうです。
週末になると荒れるんだから困っちゃいますね。
でも土曜日の早い時間なら勝負できそう・・

風は南向き、西積丹でも場所を選べば竿を出せそうだけど、降雪と波の予報を見ると危険ですね。
一方、東積丹なら午前中行けそうなので、今期二度目の冬の竜ヶ岬にチャレンジしました。

忍路漁港に午前6時到着、チラチラと雪が舞う中スノーシューを履いて山道を進みます。今回は先行者の足跡もなく新雪をかき分けて進み30分ほどで崖上に到着、ロープを張って崖を降りました。


(帰りに撮影)

降りるのは簡単だけど登りはロープがないとしんどいです。

釣り場に到着
波はありませんが、晴れたり雪が降ったりやんだりの繰り返し。

ラジオでは千歳方面猛吹雪で高速道路通行止めのニュースが流れてますから、こちらも吹雪くようなら、即撤収と決め2本の竿を遠投して開始です。

投げて直ぐに激しく穂先を揺らすアタリ
前回同様、投げ込んだ仕掛けにギスカジカが猛アタックしてるようです。(^_^;)

アワセずにスルーしてくれることを期待しますが、丸呑みされてはどうにもならんです。針の数だけギスが付いてきます。


(写真撮影後リリース)

着底したら即喰いの状態ではカレイが食い付く暇もないし、餌がいくらあっても足りません。

ガルプのサンドワームイソメを使ってみました。塩イソメより餌持ちが良くなることを期待です。

結果は・・・・・

1回で跡形もありません。(>_<)
サンドワームの値段を考えると塩イソメより高くつきます。

これは耐えるしかない。
まさにちぎっては投げ、ちぎっては投げの状態

いつもなら早い時間にギスの猛攻が続き、9時頃には落ち着きますからそれまでの辛抱と踏ん張ります。

ところが今日のギスの猛攻は一向に止む気配なく、10時を回ってもギスの猛攻は続き、ギス以外の釣果はこれだけと残念な状況・・

もう諦めて帰ろうと思ってたところに、知り合いの居酒屋のマスターからギスカジカが欲しいとの連絡がきます。

何に使うのかわかりませんが、もうとっくにリリースしてますけど、(^_^;)

欲しいというなら真剣にギスを狙ってみます。

はい40分でこの釣果です。笑

今日の釣行記、ギスカジカネタで終わるのでは、読んでくれた方に申し訳ないので、魚探Deeperネタを少し・・

竜ヶ岬は、投げたラインが垂直になる程深いなんて表現される場所です。
では、実際どれだけ水深があるのか、魚探Deeperで探ってみました。

60メートル沖合で水深20メートル、深いですねぇ。
海底は砂地で、魚探反応あるけど、たぶん全てギスです。笑

竜ヶ岬は、ギスが多い場所ですけど、今年は特に多いかもしれません。
この対策を考えないと、釣りにならないかもしれませんね。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


【日本正規代理店品・保証付】Deeper Pro ワイヤレススマートGPS魚群探知機(Wi-Fi GPS) Wireless Fishfinder FRI-BT-000004

新品価格
¥38,340から
(2018/2/18 10:56時点)


冬の竜ヶ岬に挑む

2018年2月11日

皆さんお久しぶりです。( ´ ▽ ` )ノ
1月末から鬼のような忙しさで、まったく釣りに行けてませんでした。
気がつくと好調だったコマイも終わり、投げ釣りでは釣果の厳しい冬枯の2月になりましたね。

それでも早場と言われる場所では、カレイが好調に釣れているようですから、天気と場所次第でそれなりに楽しめそうです。

さて、2月の三連休、
今回は、ちょっと早いと思いましたが、陸路からの忍路 竜ヶ岬に釣行してみました。

陸路からの入口となる忍路漁港に到着したのは午前5時頃。
背負子に釣り具一式とロープを縛り付け、スノーシューを履いて山道を進みます。

道には真新しい足跡がありますよ、猛者はいるものですね。(^_^;)
それにしても、ツボ足でこの道を進むのは、かなりキツかったんじゃないでしょうか、

そして陸路からの竜ヶ岬最大の難所
崖上に到着
崖にも雪が積もり既存のロープも完全に埋もれてます。

斜面は 雪がある分楽に降りられそうですが、安全確保のため持参したロープを張り、先行者の足跡を辿って崖を降りました。

ようやく海岸線に到達、下から上を見上げるとこんな感じ・・
降りるより登る方が大変そう・・(^_^;)

ここから更に磯伝いに進んで目指す釣り場に到着、思ったより波があるので下がった位置に釣り座を構えました。

さてこの時期の竜ヶ岬はどんな感じでしょうか、
2本針と1本針の仕掛を遠投しスタート

投げて直ぐにあたりです。でもカレイのあたりぽくない・・

ギスの入れ食い、ギス祭りです。
釣りを開始した6時半から9時まで、どこに投げてもギスばかりでカレイの姿はなかったのですが、9時過ぎからようやくカレイが見えてきました。

ここからが、カレイの時合かと踏ん張ります。
しかしこの時間から波が高くなってきまして、釣り座も波が洗うようになってきました。

カレイだけど、今日はいらないかな・・

ようやく釣れました30オーバーのマガレイ、これを釣ったところで撤収です。
これ以上波が高くなると危険ですから・・
本日の持ち帰り

この他にリリースした小カレイ 2枚、カワガレイ1枚です。

竜ヶ岬、波さえなければ十分カレイは狙えますよ。
ただ、ここまで来る苦労に見合う釣果があるかと言われると・・・言葉に溜まります。(^_^;)

ここは夢とロマンを求める場所ですから・・

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


西積丹ソウハチ 第2戦

2018年1月20日

冬の日本海は荒れるのは当たり前
でも、季節風が弱まれば条件の良い日もありますよね。
基本週末休みのわたしにとって、土日の天気、海況は気になるところ・・
今週末は、波が高ければ石狩でコマイ・ハゼでもと思ってましたが、土曜日、場所を選べば日本海釣りになりそうな感じです。

そこで金曜仕事上がりから西積丹方面に釣行を計画します。

第1候補は、千畳敷、人が多いようなら弁天、祈石に逃げるか、はたまた昨年も行って散々だった冬の沼前なんかも考えてました。

21時頃、千畳敷到着もなんと車は1台だけ。
磯を覗くと照岸方向に電気ウキが浮いてましたからイカ狙いのようです。

この日は、思いのほか西風が強く、しかも波も高め・・この後、風、波とも落ち着いてくる予報だけど、この時間は弁天、祈石は無理っぽいかな・・・、予定通り第一候補とした千畳敷に釣り場を決めました。

無人の磯に降り立ち、左岸先端からやや下がった位置に釣座を構え、2本投げ込みます。

夜釣りでソウハチを爆釣したのが1月6日、あれから2週間経ったけどまだソウハチ釣れるかな・・・

3時間経過・・・

バケツ一杯です。^_^;

しかし数は釣れるけど、サイズが落ちましたね。
前回は、釣れたソウハチの半数が30オーバーだったけど、今回は30センチを超えるソウハチが少なくアベレージは25から28センチと小さくなっています。

朝3時を過ぎた頃から少しづつ釣り人も増えて来まして夜明けを迎える頃には千畳敷は満員御礼の状態です。

投げ釣り師は、わたしを含め4人、釣り場の大半を占めているのはサクラ狙いのルアーマンです。
照岸の海岸から千畳敷、兜岬に至る海岸までビッシリです。

さて夜が明け明るくなってからは前回同様、青ホッケの入れ食いとなりました。
マガレイの大きいのを数枚欲しいと思ってたけど、投げて仕掛けが着底すると餌はホッケの餌食といった感じですからカレイを釣るのは難しい状況です。

それでも、マガレイ4枚、スナガレイ1枚ほど釣れましたよ。^_^;

10時まで粘った釣果です。

ソウハチ、青ホッケ大漁
西積丹方面のソウハチはまだ楽しめますよ。

この日の千畳敷のルアーでは、わたしの見える範囲でサクラが4本ほど上がってました。

わたしもサクラを狙ってみようとルアーロッドを持って来てたんですけど、肝心のルアーを忘れて釣りできませんでした。^_^;

カレイ、ホッケ、サクラと釣れてる千畳敷
しばらくは満員御礼の状況が続きそうですね。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

石狩新港コマイ釣り

2018年1月12日

金曜日は冷え込みましたが、日中は良い天気。
仕事上がりから、ちょい釣りで石狩新港まで行ってみました。

私の車、ちょっと前から油圧警告灯が点いたり消えたりしてまして、エンジンオイルが少なくなってるのかなぁ。なんて思ってました。
後で知ったのですが、油圧警告灯はオイルの量を表示するものじゃないんですね。^_^;

近いうちにエンジンオイルを交換しようと思ってたのですが、走行中にエンジン警告灯も点灯しまして、流石に危険を感じ途中のガソリンスタンドに飛び込みました。

「エンジンオイル空ですよ」
このまま走ってたら大変なことになるところでした。^_^;

そんな訳で早めに出発したけど新港到着は19時回ってました。
場所は、いつもの樽川埠頭護岸です。

夕方からけっこう雪降ってましたから、釣り人は少ないかな、
樽川の広場は満員ですが、モニュメント付近は誰もいません。
対岸の花畔護岸には人気は無く、掘り込みサーフにキャップライト4つほど見えてました。

前回の釣りでは、近投(30m程)にアタリが集中してたので近投中心に投げ込みアタリを待ちますが、今日は潮回りが悪いのか、なかなかアタリがありません。

1時間待ったところで、遠投しているハゼ狙いの吹き流し仕掛けにコマイが付いてきました。

今日は近場はダメなのかなぁ・・
近投中心から遠投中心に切り換えたところで、コンスタントあたりが出てきます。

それでも、食い込みは浅く何度もスカを引かされました。^_^;

21時半頃から吹雪模様になってきたので早めに竿じまい。本日の釣果

30以下の小マイ×6匹、20に満たないハゼ×1匹と振るわない釣果でした。

コマイはそろそろ産卵に入るんでしょうか、
1匹は腹抜けしてましたよ。

コマイ釣り楽しめるのもあと僅かかな、^_^;


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

お待たせ ソウハチ爆

2018年1月6日

年末年始の休みが終わったと思えば三連休。
なんて素敵な月なんでしょう。

さぁ、カレイ、ホッケを求めて釣りに行こう、(^o^)/
とは言うものの、戦場となる西積丹の海は相変わらず荒れ模様。
それでも6日は場所を選べば釣りになりそうな天気ではありました。
また今回は、クラブ同僚のF君からのお誘いもありまして、久しぶりに兜千畳敷に行って来ましたよ。

ここ最近すっかりご無沙汰の兜千畳敷、人気の場所かつ連休初日とあっては釣り座確保は難しいだろうと前日から前乗りすることにしたのですが、この判断が今回の釣果に繋がる結果になるとは予想すらしていませんでした。

この時期夜釣りで釣れるとしたら今年好釣なコマイくらいと思っていましたから・・・^_^;

千畳敷への到着は20時少し前、今年も雪が少なく車で釣り場まで余裕で入れます。
ものすごい人出を予想してたのですが、なんと誰もいないんです。

海が荒れてる?磯を覗くと白波が立っているものの左岸は釣りになりそうです。この日は強い西風が吹いてましたから皆さん敬遠したのかな。

貸切の磯に降りて、私が好きな左岸中央付近に釣り座を構え2本出して見ました。
左からの強烈な横風で、投げた仕掛けは風と潮に流されなんとも釣りにくい・・
普通なら諦めて帰るよね。誰もいないのも頷けます。^_^;

誰もいない磯で荒れた海を眺めながら、遠く岩内の灯りを見つめていると、波と風に揉まれている穂先ライトが一瞬動いたような気がしました。

竿を手に持つと重量感、えっ?何か乗った。
慎重に巻き上げると

昨年から振られ続けていたソウハチ君じゃないですかぁ。
そして同サイズのソウハチを1枚追加したところでF君到着、二人並んで釣り座を構えます。

虻田の磯以来ですから、ゆっくり話でもと思ってたのですが、竿先がコンコンと、ここからよもやの祭り到来です。

仕掛けを投げ込み、風と潮で流されるラインのふけをとっているとゴンゴンとアタリが手に伝わって来ます。型の良いソウハチが入れ食いです。
餌はイソメでもサンマでも何でも食ってきます。
この祭り22時半頃から23時半頃までと短時間でしたが、その後も散発的ながらソウハチが釣れ続け潮溜まりはこんなことになってました。

F君もソウハチ祭りを堪能した様子、そして圧巻は40弱のマガレイを見事仕留めてました。
この時期にこの釣果は驚きですね。

さらに夜明けからは、ホッケ祭りです。

ホッケ入れ食いです。
竿は1本で十分、投げた直後にあたってますから・・

ただね、サイズが余りにも小さい。
ローソクボッケというより金魚みたい・・20センチほどですから、^_^;

磯は夜が明けてから、多くのルアーマンが竿を振ってましたが皆さんピンコホッケに悩まされてましたよ。^_^;

この日の釣果

ソウハチ47枚、マガレイ2枚、小ホッケ19、小コマイ1でした。

例年11月〜12月中旬に釣れるソウハチですが、遅ればせながら到着と言った感じでしょうか。




にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

新年初釣行は石狩新港

2018年1月3日

新年明けましておめでとうございます、(^o^)/
皆さん良い年を迎えられたでしょうか、
わたし正月は珍しく家でゴロゴロしてました。

さて年明けの初釣行、ドカンと大物を狙いたいところですが、戦場となる日本海は相変わらず荒れた状況。
ならば、近場で遊んでこようかと石狩新港に行ってきましたよ。

狙いは、昨年1匹も釣れなかったハゼです。
北海道では釣りの対象としはマイナーなハゼですが、初冬からこの時期にかけて尺ハゼが釣れるんです。

いつもなら石狩川旧渡船場でハゼを狙うのですが、今回は新港樽川の護岸を釣り場に選択です。
コマイ釣れてますからねぇ。ハゼがダメでもコマイは釣れるでしょうから・・。^_^;

樽川埠頭に到着が午後2時頃、埠頭安全柵前は釣り人で溢れてますので、いつものモニュメントを目指して歩きます。

モニュメント前には先行者がいるようなので、一つ手前の護岸広場に釣り座を構えました。

気合の4本出しです。
今日は風もなく条件が良いので、魚探Deeperで海底の様子を探索してみました。

水温5度、水深は10メートルほどで、30メートル付近が駆け上がりになっていて魚の反応がでているので、2本はコマイ狙いの胴付仕掛けを駆け上がり付近に投げ込みます。

2本はハゼ狙いの遊動式仕掛けを遠投です。
この時期のハゼは深場に落ちてますから、遠投に分があるとの読みですがどうでしょう。^_^;

早い時間はまったりしてましたが、中投げの竿に30分に1回ほど、思い出したようにアタリがあります。

一方、遠投したハゼ狙いの竿は反応ありません。ハゼもコマイも暗くなってから勝負かな・・

ところが夕マズメを直前に控えた午後4時頃から急に北風が出てきました。
予報と違うかな・・風速は5メートルは超えてます。
やめようか・・ここで弱気になりますが、予報を信じるなら風は治るはずと、強風を耐え忍びます。

この風、午後6時頃にはなんとか治まり、この時間から魚の活性が上がります。
中投げの胴付仕掛けにはコンスタントにコマイが釣れ、遠投した遊動仕掛けにも狙いのハゼがヒットします。

20センチは超えてるけど、もう少しサイズが欲しい。^_^;

コマイは中投げよりもちょい投げが良い感じです。あまり近いと根掛かりしますから注意が必要ですけど・・・
ハゼはやはり遠投にしか付かない感じです。

ようやく釣れた25オーバーです。
この後、尺ハゼを期待してぶん投げますが、残念これより大きいのは釣れませんでした。

午後10時にはアタリが散発的になってきたので、早めに竿じまいです。

この日の釣果はハゼ×7、コマイ×12でした。
コマイはまだ抱卵ものですから、もう少し数釣りか楽しめるかと思います。

こんな感じで、わたしの初釣り2018年はスタートしました。次回は日本海、カレイ、ホッケを狙いたいですね。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村