AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

島武意海岸 根魚戦

2019年5月11日

今週末はどうしようかなぁ、
天気は良いが気温が低い、それにちょっと風が強め。

釣りに行こうか迷ったんですが、根魚用のリールを新調したこともあって、ちょっと試し釣りに行ってみることにしました。
向かった先はここ、

島武意海岸、(^o^)/

試し釣りで此処かよって思いました。笑
今回新調したリールは、シマノのブルズアイです。

以前使ってたシマノのアクティブキャストは、自重が680gもあって2個で1360gにもなります。
激磯の根魚戦では、この重さがかなりネックになりますし、最近体力の衰えを感じるようになった事もあって445gと自重の軽いブルズアイに変えてみました。
2個で890gですから以前よりも470gも軽くなりました。
今回はこの違いを体感してみようかと思います。

釣り場は前回と同じカヤカ泊の出岬。
波がちょっとあるので、積丹岬までは行く気にはなりませんでした。

暗くなる前に釣り座を構えましたが、釣れたのは痩せたホッケ一本のみ。
想定内ではありますが、もうちょっと釣れてもいいよね。(^_^;)

陽が落ちて期待の夜戦です。
前回は7時半頃からアタリが出てきたのですが、今日はまったくアタリがありません。

気温は4度くらいでしょうか、肌寒さを感じ防寒着を持ってくれば良かったとちょっと後悔です。
取りに帰れる距離でもなくここは我慢しかありませんが・・・

8時半を回った頃、ようやくアタリです。

アタリは良かったんだけどサイズが・・
この後も同サイズを追加しますがこれではねぇ。

ここは、今までの経験からいうと下げ潮の時間帯にアタリが集中します。
しかしこの日は小潮で潮があまり動かない・・、加えてこの波ですから、魚も食いっ気が立たないようです。

それでも9時半を過ぎた頃から、少しアタリが出てきたかな、

今日は、ソイよりもアブラコの方が活性が高い感じです。(^_^;)
リリースしたものを含めアブラコは5本ほど釣れました。

この日のあたり餌は、前回同様イカゴロです。
以前は粉タイプの撒き餌を持ち込んだりしてたのですが、重たいのでいまはイカゴロオンリー、撒き餌+食わせ餌ですからイカゴロは万能餌ですね。

釣りに来る前日の話なのですが、釣り会の会長と電話で話しをしてました。
関西の方で、日本記録を複数持つ屈指の大物釣り師、北海道でも大物を数多くあげてます。
投げ釣りのコツは何なのか・・・
いつも何かヒントを得ようと思って話を聞いてるのですが、これと言った答えは見つからない。
ポイントの話、仕掛けの話、竿・リールの話・・・
一番答えに近いと思っているのは、エサの話でしょうか、(^_^;)
魚が食べたいと思う餌を目の前に放り込むこと、又は撒き餌で寄せる事が釣果につながるんでしょうね。
魚が其処に居るというのが大前提ですけど、

釣果の方に話は戻りますが、この日は明確な祭りタイムはなく、ぽつぽつと釣れる感じでした。
明日は所用があり、11時には納竿としましたが、この日の持ち帰りはこんな感じでした。

ところで新しいリールの減量効果はどうだったのかって、
いやぁ、行きも帰りも楽でしたよ。
と言うより、今日は釣った魚が少なかっただけのような気もしますが、笑

500gの差なんて、ペットボトル1本程度ですから気持ちの問題ですね。(^_^;)


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村




勇払海岸 ◯◯◯◯60オーバー

2019年5月5日

ゴールデンウィークもいよいよ終盤戦。
天気も良い感じなので、ゆっくりと釣りを楽しみたいところですが、5日夜は旭川で同期会の予定が入ってます。(^_^;)

でも夜まで時間もあるし、途中で釣りして行くというのもありかな・・・
という事で、釣り道具を車に積み込み出発で〜す。

着いた先はここ。

勇払海岸、(^o^)/

なんで旭川行く途中が勇払なんじゃ。ヾ(゚д゚ll)ォィォィ

ははは、実はね日本海北上して途中、雄冬辺りで竿出そうかと思てたのね、でも日本海波高そうで磯は無理っぽい・・雄冬漁港は外防が立入禁止になっているとかで、釣り場が無いような気がしてですね。

そんななか、苫小牧方面のクロガシラが上向いてきたという情報が舞い込んできたもんですから・・
まっ、苫小牧から旭川まで高速一本で行けるしね。(^_^;)

さぁ期待の勇払海岸は、快晴、風もなく大潮と好条件だけど、ちょっと波があります。

波の立ち具合でかけ上がり(ブレイク)の位置がわかりやすいけど、届くか、届かないかギリギリのところ・・・
写真で波が立っているラインまで100メートルくらいです。
とりあえず、おもいっきりぶん投げてみます。
さぁクロは寄ってるかな。

・・・・・・・

1時間ほど待つもアタリないです。
餌変えのために仕掛をあげるとこんなのが着いてました。

イシモチ、( ´ー`)
これでは竿先揺らせないね。さらに、

スナガレイ、( ´ー`)

ようやくアタリが来たと思ったら、

クロっぽいけど、ちょっと違う。
カワガレイ、( ´ー`)

朝からスタートに躓き、一抹の不安を覚えますが、7時を回った頃からようやくクロガシラ来ましたよ。

ここから、怒涛の6連チャンでクロゲット。
でもサイズがいまいち。
今年は大きいの釣れないねぇ。( ´ー`)

諦めずに針にこれでもかと、イソメを房掛けし、フル遠投。
どりぁ〜〜〜、あら、すっぽ抜けた。
仕掛は右45度方向にすっ飛んできました。

周りに誰もいないし、まっいっかぁ。(^_^;)
この時、この竿にとんでもない物が付いてくるとは知る由もありません。

9時を回るとカレイのアタリは遠のき、時より竿先を揺らすのはこの方。

もう今日はダメかな、そろそろ止めようかと思っている矢先、先程投げ損じた竿が大きくお辞儀。
竿を手に取ると合わせるまでもなく、ガンガンと引き込んでいきます。
これは、でかいよ。
カレイなら50超え間違いなし・・・でもこの暴れ方はカレイじゃない・・アブラコ?

何が付いたか、わからぬまま、必死にリールを巻きます。

えっ、マス?

そう見えるほど、でかいのが着いてました。

期待させて申し訳ありません。

◯◯◯◯の正体は、アカハラ60.5センチでした。(^_^;)
こんな大きいの居るんですね。わたしのアカハラ自己新記録です。

でもなんか、嬉しくない。笑

この後、餌がなくなる11時まで粘りましたが、30ちょいのイシモチを追加して終了です。

本日の持ち帰り、クロ6枚。

期待にそぐわない釣果でした。f^_^;

釣りの後は、苫小牧から高速乗って旭川へ、
旭川到着、さぁサンロク街に繰り出そう。\( ˆoˆ )/

あ〜ぁ、連休も終わっちゃいますね。(´・ω・`)ショボーン

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村




札幌近郊 厚田青島でクロガシラ

2019年5月1日

令和の幕開けです。(^o^)/
ゴールデンウィークも中盤戦、今日は天気はあまり良くない感じでしたが、日本海側は波もなく釣り日和だったのではないでしょうか、

こんな条件ですから、釣り場は何処も混んでいそうです・・・
遠出して渋滞に巻き込まれるのも嫌なので、今回は札幌近郊の穴場的な場所を狙って釣行してみました。

場所は石狩厚田 青島海岸。(^o^)/

この時期にカジカでも釣るのか?
なんて思われた方もいるかと思いますが、此処は春、秋にはクロガシラ が釣れるポイントがあるんですよ。
型は期待できないけどね。(^_^;)

青島海岸には、南北二つの湾ドがありますが、此処がクロのポイント、今回は北側の湾ドに入ってみました。


(厚田漁港方向を望む)


(古譚方向を望む)

ちなみに、南側の湾ドはこんな感じ、

どちらの湾ドでもクロガシラを狙えますが、波がない時がお勧めです。
波があると海藻が絡んで釣りになりません。(^_^;)
湾ドの両脇がカジカ場ですから、釣れる魚種はクロガシラの他、カジカ、アブラコかな、

さて今回は、遅めの出発だったため、釣り座を構えた時にはすっかり明るくなってました。
写真を見た通りベタ凪、わたしの他には誰も居ない開放感溢れる釣り場となっております。笑

4本竿出しで、2本は1本針で100メートル以上の遠投、2本はコマセロケット仕掛で80メートル付近に投げ込みました。

あっ、そうそう釣れる魚種もう一匹忘れてました。

一番釣れる魚種を忘れるとは・・・笑
特にコマセなんて撒いたら入れ食いとなります。

秋なら持ち帰ってカジカの餌にするんですけど、この時期、需要はないなぁ。

狙いのクロですけど、なかなか釣れなくて焦りました。
このままでは、アカハラの餌付けに来たようなもの・・・
しかし、7時半を回った頃からカレイのアタリが出てきましたよ。

型もまあまあです。(^_^;)

釣れるのは全て遠投した仕掛、コマセ仕掛はウグイ寄せでしたね。
そして、終了間際にこんなのが、

40オーバー、(^_^;)
カジカシーズンでも、此処ではなかなか出ないサイズです。

5時から10時までの短時間の釣りだったけど、持ち帰りはこちら。

まぁ、釣れたって感じかな。(^_^;)
ちなみにアカハラは10匹以上釣れましたよ。

札幌市内から1時間程度で来れる、釣れる時はそれなりに釣れる青島海岸です。
釣れない時は、浜辺を散策してメノウ探しという楽しみもあるかな。

わたしは石には詳しくないので、これがメノウなのかはわかりませんが、笑



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村




島武意海岸 シマソイ爆

2019年4月28日

皆さん、お久しぶりです。ヽ(^o^)
いや〜、気がつくとゴールデンウイークになってました。(^_^;)
日本海、彼方此方でカレイ大漁の記事を目にします。
海水温も例年並みのレベルまで上がってきましたし、カレイは盛期突入と言ったところでしょうか・・

10連休となるゴールデンウイーク2日目、汗ばむ暑さとなった日曜日、ちょっと早いかなぁ、と思いつつも根魚狙いで恒例の島武意海岸に出かけてみました。

積丹方面、天気は良いのですが南西の風が強い予報が出てます。潮も小潮でほとんど動かないようですから、条件としては良くない感じなんですけどね。(^_^;)

昼過ぎに札幌を立ち、島武意海岸の駐車場には3時頃の到着です。
さすがゴールデンウイーク、駐車場は満車状態、f^_^;

「日本の渚100選」に選ばれている絶景スポット、観光客がめちゃ多いです。
う〜ん、この状況で背負子を背負って出て行くのは恥ずかしいですね。(^_^;)
観光客が居なくなるのを待つのも時間の無駄ですから、意を決して出陣です。
釣り具を背負って歩くと、人目を引きますね。(//∇//)ハズカシイ。

さぁ目指すは、カヤカ泊の出岬。
積丹岬に入りたいところですが、南西の風が強い感じなので、一歩下がったカヤカ泊がベストとの読みですがどうでしょう。

この場所の詳細は、過去記事にも書いてあるので参考にしてみてくださいませ。

ヒイヒイ言いながら50分程で到着です。

明るいうちは、アブを狙ってみようと、ルアーロッドを持ってきたので、先ずは足元を中心にワームを泳がせてみます。

・・・・反応ないね。(^_^;)

ワームを変えて、1時間ほど周囲を探ってみたけど、一度だけアタリがあったもののフッキングせずでした。

アブは留守なんですかね。
まぁ本命は、暗くなってからのソイ狙いですから、夕マズメまで時間つぶしで海底調査でもしてみます。

岩盤底なのかと思ってたけど、ちょっと違う感じです。
根掛かりは少ない場所ですから、砂利か砂が乗ってるのかもしれませんね。クロガシラが釣れたりする場所ですから・・・(^_^;)

水深は11メートルくらい、幌武意の海岸としては平均的。
水温8度かぁ、10度は欲しいところです。

さて、日没の時間を迎え、投げ竿2本をセット。

風が強く、竿先が落ち着きません。
風速は6〜7メートルくらいでしょうか、時より吹く突風で竿が持っていかれそうになります。
これは、厳しい釣りになりそうだなぁ、なんて思ってたら、ラインが大きくふけました。

ラインを張ると、グンと竿先が入ります。
おぉ〜、幸先いいじゃん!
型も良さそうな重みですよ〜。

あらぁ、アブラコ居るじゃないですか、^_^;
ワームじゃ釣れなかったのに・・

ルアー系の釣りは超下手っぴですから、わたしの場合、生餌じゃないと釣れないということなんですね。笑

アブを1本釣った後は、暫く沈黙が続きます。
風も更に強くなってきた感じですから、8時頃まで粘って駄目なら早めの撤収を考えてました。

7時半頃だったでしょうか、竿尻が上がる強烈なアタリがあったけど、残念、針掛かりせず。(>_<)
魚は居ますよ。餌をいろいろ変えて探りを入れます。昨年は蛍イカ🦑がアタリ餌だったけど今年はどうでしょう。

8時を回ったところで、また強烈なアタリきました。

イカゴロをがっぷりと咥えて上がってきたのは、丸々と太ったシマソイです。
その後も、イカゴロにアタリが集中し、プチ入れ食い状態。

あまり釣れ過ぎると帰りが大変と後先を考えている間も、アタリは続きます。

しかし9時を回ると、アタリが散発的になってきました。そして40オーバーの1匹を上げたところで打ち止めです。

本日の釣果

総重量は、10キロを超えているかと・・(^_^;)
帰りは休み休み歩いて、1時間かけて駐車場に到着、もうふらふらです。

ちょっと早いかと思ったけど、十分過ぎる釣果を堪能してきました。(^-^)/
体力勝負のポイント、あと何年通えるかな・・・


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村


【日本正規代理店品・保証付】Deeper Pro ワイヤレススマート魚群探知機(Wi-Fi) Wireless Fishfinder FRI-BT-000003

新品価格
¥26,455から
(2019/4/1 08:30時点)

雨予報も竜ヶ岬決行

2019年4月5日

5日は休みなのですが、生憎の雨予報です。
明け方から午前中にかけてまとまった雨になるとのこと、降水確率90%です。(前日昼の予想)

せっかくの休みなのにね。
でも、東積丹方面は波なく、風も弱い南風。
濡れるの我慢すれば、釣りにはなるかな・・・

週末も愚図ついた天気になりそうだし、ここは意を決して、我慢の釣り行ってみることにしました。

積丹方面、カレイの寄りが遅い感じです。
海水温も西に比べて1度ほど低い状況なので、深場が有利と踏んで、今回は竜ヶ岬(竜ヶ崎)を目指しました。

山越えルートから崖下りの行程なので、残雪が気がかりでしたが、心配無用、雪はきれいさっぱり溶けてましたよ。

降り口の崖上到着。
いつ見てもお尻の穴がキューンとくるよね。(^_^;)
既設ロープがありますが、念のために持参したロープを張って恐る恐る降りていきます。

ふぅ〜、なんとか下に到着。
ここからさらに余市方向に進んで、お気に入りのポイントを目指し、陽が昇る直前に3本セット完了です。

ベタ凪、弱い南東の風、大潮ですから条件は悪くない。あとは天気か・・
予報通りなら、間もなく雨が降りだすはずですけど、空は明るくほんとに雨降るのかなって感じです。
まぁ、西の空が靄ってるから、そのうち降るんでしょうけどね。(^_^;)

さて、今年の竜ヶ崎はどんな感じでしょうか。
コマセロケット付きの仕掛けに早くもアタリ来てますよ。ピクンピクンと。

なんか嫌な予感。これってカレイのアタリじゃないよね。軽くあわせると重量感はあります。

はぁ〜、やっぱりギス。
去年の竜ヶ崎釣行を思い出しました。たしかカレイはほとんど釣れずギス祭り。

あ〜、全部の竿、ピクンピクンしてます。(/ _ ; )

ギス、(ToT)

ギス、(ToT)、ギス、(ToT)

この後も、何処に投げてもギスオンリー、消耗戦突入です。
ギスとあいまみえること2時間、8時を回った頃からようやくカレイが見えてきました。

ダブルで30オーバーのマガレイ、(*゚▽゚)ノ

30オーバーのクロ、(^-^)/
粘った甲斐があったかな・・
一気にカレイの調子が上向いたけど、これが長続きしない。
9時には、ピタリとアタリが止まり、予報より遅めの雨が降り始めました。

アタリもないので、岩陰に隠れて雨を凌ぎます。本降りなら竿じまいかなぁ、ところがこの雨、30分程で上がっちゃうんです。

天気予報ハズレですね。^_^;

雨も上がり、アタリが戻ってくる事を期待しますが、全く釣れない。あれ程うるさかったギスさえ釣れません。

すると目の前を横切る茶色い影
また、お前かぁ〜

この時期、日本海側に釣りに行けば、毎回会ってる気がします。(^_^;)

まっ、餌も残りわずかとなってますから、ここで竿を畳むことにします。
本日の持ち帰りはこんな感じ。

残念ツ抜けならず。(>_<)
マガレイ7にクロ2です。ギスはこの3倍は釣ったかな、笑
数は出なかったけど、30オーバーは4枚ですから型には恵まれたのかもしれません。

積丹方面、もうちょっと海水温が上がれば本格化するような気がします。
でも、毎日低い気温の日が続いてますからね。
水温が上がるのはいつになる事やら、(´Д` )


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村





釣れない時は祈るしかない

2019年3月31日

願いが通じたんでしょうか、2018年度最後の土日は日本海良い条件でしたね。

わたしも、土曜の夜から満を持して出撃、西積丹方面に車を走らせました。

目的地は・・・
うーん、特に決めてはいなくて、この天気ですから何処も激混みは必至と思ってますので、空いてるとこ狙いですかね。(^_^;)

しばらく魚釣ってないので、釣れる場所に入りたいところです。
先ずは鉄板の千畳敷。入り口から車並んでます。(^_^;)

弁天も車多いですね。ポン茂岩方面も考えてたんですけど、こりゃダメだ。

なんかこのまま北上して、西の河原、沼前になるのかな・・なんて考えてたら、なんと祈石の記念碑駐車場は無人です。
迷わず此処に決定。
夜明けを待つという選択はありません、急ぎ準備して急斜面を降り、離れ岩の先端に陣取り、夜釣りからスタートです。


(明るくなってからの撮影)

風は弱い東風、ベタ凪とこれまでにない絶好の条件です。
これで活性高ければ夜釣りでもカレイ来るはずですけど、そんな甘くはない。
たまに竿先を揺らすのは、この方、(^_^;)

明けてからが勝負かな・・
でも夜明けまで、まだ4時間以上あります。
退屈なので海底調査でもしてみますかぁ、魚探deeper を取り出し祈石調査です。

沖に向かって9時〜2時方向を調べてみましたが、意外と浅く7メートルから深い所で9メートルでした。
一番水深があるのは、10時方向という結果です。

水温はようやく5度を超えてきました。今日は期待していいかな、

そして迎えた朝まずめ
入れ食いとは行かないまでもコンスタントにあたりがあります。
ただ遠投しないとアタリが来ないようで
、4色は投げないと厳しい感じです。

マガレイですけど、型がイマイチ。

3色付近に投げ込んだ、コマセロケット付き仕掛けには、クロが立て続けにきました。

まずまずの型です。
今日は、久しぶりに調子いいかも〜
なんて思ってたら、出るんですよね。

わたしの正面、50メートル付近を2頭が泳ぎ回ってます。
アタリがぴたりと止まりました。
調子よく釣れていたのに・・(>_<)

全く釣れない時間が2時間ほど続きましたが、9時半頃からアタリが戻ってきました。
陽が昇ってから、型の良いのがドカンと釣れたりすることもあるので期待して頑張りますが、型は出ないですね。

この日の祈石は、わたしの他に10人近く居たのでは、湾ドを挟んでポン祈石には1人、ポン茂岩には5〜6人といった感じ、今日の条件だとどこも大漁だったのではないでしょうか、

昼まで頑張るつもりでいましたが、今度は目の前をイルカが横切って行きました。魚が岸近くにいるってことなんですかね。(^_^;)

ここで納竿、この日の持ち帰りはこんな感じです。

釣れない釣りが続いてましたが、久しぶりに魚釣ったって気がしました。笑

「釣れない時は、祈るしかないでしょう。」

「釣れない時は、祈石しかないでしょう。」

そんな言葉がわたしの心に刻まれました。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



【日本正規代理店品・保証付】Deeper Pro ワイヤレススマート魚群探知機(Wi-Fi) Wireless Fishfinder FRI-BT-000003

新品価格
¥26,455から
(2019/4/1 08:30時点)

苫小牧方面サーフ

2019年3月28日

気がつくともう3月も終わり・・
今年はぜんぜん釣れないですねぇ、って、そもそも釣り行ってないし。

今年は日本海、太平洋とも海水温がなかなか上がってこないです。
こういう状況だと、何処に行っても釣れる気がしない。

それでも何かネタになるものがないと、ブログも更新できませんから、ネタ探しの旅に出ました。
場所は、苫小牧方面のサーフ
近いですねぇ、旅になってないし・・f^_^;

場所を紹介したいところですが、詳しく書くと此処での釣りを楽しみにされてる方に、ご迷惑をかけることになりますので、詳細は差し控えさせていただきます。

とは言え、私のブログに何度も登場している場所ではありますが・・・f^_^;

3月も末、例年ならクロが寄って来る頃なんですが、冒頭に書いた通り海水温が低い状況。


札幌管区気象台 沿岸域の海面水温情報参照)

過去5年の最低値を更に下回る低水温
これは、期待できないな、と思いつつも夜明け前から釣り座を構え、4本ぶん投げました。

この日の朝は気温は氷点下も、日が昇るとポカポカと春の陽気、これでアタリがあればね。(^_^;)

8時を過ぎても、未だ一回のアタリもなし。
やはりダメか、餌もそのままの状態ですから、魚は居ないのかもね。

周りを見ても誰も居ない、平日ですしね。

はぁ、ため息ついてると、コマセロケット付きの竿先が僅かに動いたような、あまりの釣れなさに錯覚まで見えるようになったか、と思いきや糸ふけしてます。

おっ、もしかして、
ラインを張るとやはりピクピクしてます。

渾身の鬼合わせ、乗りましたよ。

なんか久しぶりの魚の感触。o(≧▽≦)o
これでアカハラだったら怒るよ。

Good Job、👍👍👍

40オーバー、👍👍👍

居ることは、居るのね。
さぁ、これからだぁ、気合が入りますが、この後、急に風が強まってきます。

西風、6〜7メートルくらいか・・・これは、たまらん。(>_<)

真横から吹かれると釣りどころではありません。予報を見ても回復の兆しなく、更に風は強まるようです。

残念、撤退です。

今回、全く期待してなかったけど1枚釣れて良かったかな・・σ(^_^;)
これで水温が上がってくれさえすれば、昨年同様の釣果が期待できそうです。

さて、次回は日本海のカレイ狙いたいところですが、少しは波落ち着いてくれないですかね。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村