AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

西積丹 ソウハチどうした

2017年12月8日

毎年12月は、西積丹方面に夜釣のソウハチを狙って釣行するのが恒例です。
ソウハチに混ざってマガレイも釣れて、ウハウハ気分で年内の釣りを締めくくることができるんですよね。^_^;

ところが今年はどうしたことか、ソウハチの声が聞こえてこない・・
ホッケ狙いのジグでポツポツ釣れているという情報はあるけど、投げ釣りでウハウハという話はさっぱりです。

大漁の話が聞こえてこないのなら、聞かせてみせようと、比較的波の状況良い8日夜、西積丹方面に突入してきました。

向かったのはここ、
私のソウハチ釣りの定番ポイント祈石です。

祈石記念碑の駐車場に車を止めて急斜面を下ります。斜面には真新しい足跡が残ってました。日中釣りをした方の足跡だと思うけど、釣れたのかな・・

崖下から磯伝いに進み、離れ岩の先端に入りましたが、時より波を被っていることから、一歩下がった位置に釣り座としました。

サンマと塩イソメを餌に、3本の竿を投げ終えたのは21時半頃、
波がなければ、魚探Deeperで海底の様子を調べたかったのですが、波の高い状況では良いデータにはならないので断念です。

さて釣りの方は、開始からコンコンとしたアタリが来てます。
アタリはあるけどなかなか乗らない・・このアタリはコマイですね。
西積丹方面であまりコマイを釣った記憶はないけど、今年のコマイ、全道どこでも釣れる勢いです。^_^;

23時を回った頃から、ようやくカレイのアタリが出はじめ、28センチのマガレイ、33センチのソウハチと続きます。


(写真は帰りの駐車場で撮影)

お〜、ここから怒涛の入れ食いタイム突入か・・
と期待感は膨らみますが、後が続きません。
ソウハチは回遊さえあれば、数は釣れるんですけどね。
群が薄いのかなぁ。
代わりに、コマイが退屈しない程度に釣れてきます。

この日は、1時まで粘ったけどソウハチの時合には出会えずです。

本日の釣果

コマイ10、ソウハチ1、マガレイ5、ホッケ1

これじゃぁ気持ちよく年末を迎えられないね。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村





時化の日本海に挑む

2017年12月3日

皆さんお久しぶりです。(^-^)/
先月後半から、出張があったり忙しく釣りに行けてませんでした。
最近は週末になると天気が崩れてたから、暇があっても釣りにならなかったように思いますが・・・

さて12月に入り今年も残すところ1ヶ月
例年なら11月中旬から日本海のホッケ、12月からソウハチ狙いで奔走する時期ですが、今年のホッケは遅れ気味・・・
そもそも漁場となると西積丹が時化続きで釣りにならないのは困ったものです。^_^;

今週も日本海は荒れ模様、太平洋は釣りになりそうだけど、この時期は、やっぱり日本海攻めてみたい。
はい、ダメ元で西積丹に突入します。( ̄^ ̄)ゞ

向かったのはここ、積丹トンネル南口。
沼前岬です。

見たとおりの吹雪模様
しかも海はめちゃ波が高い。

これは無理でしょう・・・

と、思いつつも簡単には諦めないのが私の性分。
40分歩いて岬まで行ってきましたよ。^_^;

暗くてよくわからないと思いますが、大荒れです。
足場の高い釣り座も波が洗うほどのうねり、
こんな荒れた沼前を見たのは初めてです。
しばらく荒れた海を見てましたが、さすがに恐怖を感じました。
当然、竿を出すことなく撤収です。

次に向かったのはここ。



(明るくなってからの撮影)

余別漁港、北防波堤の突堤です。
外海が荒れてるので、湾内にホッケが入っていることを期待して竿出して見ました。

コンコンと小さなアタリがあるけど、なかなか乗りません。
ホッケならもっとガンガン引くよね、何が小突いてるのかな・・

おっ、やっと乗ったぁ。でも軽い、^_^;

コマイです。
その後も、アタリは続きコマイが立て続けに釣れてきます。
もう少しサイズがあればねぇ〜、釣れるのは25から30センチですから2年魚のようです。

積丹でも釣れるということは、今年はコマイの当たり年なんでしょうか・・
コマイは3〜4年周期で当たり年があると聞きます。たしか前回の当たり年は2013年だったと思うので、周期としては良い頃なのかもね。

コマイに混ざって、クロも来ました。

25センチくらいかな、リリース。
暗いうちは退屈しない程度にコマイが釣れてましたが、明るくなるとさっぱりです。

ホッケは、どうした・・・
ジグで広域に探ってみるけど、コツリとも来ない。^_^;

投げ竿は、明るくなってから餌取りがうるさいです。

まだ、フグいるんだ。^_^;
10時まで粘るも、残念ホッケの姿は見る事できませんでした。
本日の持ち帰り、

帰り道、入舸、幌武意と覗いてみたけど、ホッケ釣れてないですね。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村




カレイ釣り大会は虻田の磯

2017年11月19日

週末は大荒れでしたね、
こんな日は、家でゴロゴロして過ごしたいところですが、何とこの荒れた中、釣り会に参加でした。^_^;

ウトナイ湖道の駅を受付、審査会場とし、主対象魚はカレイ、朝4時半マイカーによりスタート。
北海道沿岸は低気圧の通過により北西の風が強く、沿岸は荒れた状況も噴火湾方面のみ場所を選べば釣りになりそうな状況でした。

カレイ狙いなら長万部かな・・・、でも苫小牧からだと遠いね。^_^;
移動時間を考えて、今回は同じクラブのM氏、新会員のF君と虻田の磯を狙ってみました。

場所の詳細は、今回は伏せさせて頂きますが、高い護岸からの釣りなので、波が高くても釣りになりますし、背後の急斜面により北風に強く、根魚からカレイまで釣れる私の引き出しの中ではベストの場所を選択したつもりです。

大会参加前に時間がありましたので、事前に海の状況を見てきました。(大会前日の釣行は禁止なので釣りはしてません。)

ウネリあります、明日には回復してくれることを祈るばかりです。^_^;

さて、大会当日
目的地に到着したのは、日の出を直前に控えた6時頃だったでしょうか、波も風もなく読み通りのコンディションです。
海岸線を歩きポイントに着くと先行者が一人。
前日夜から入釣されているということで、釣果を伺うとこれがびっくり、!(◎_◎;)
型の良いカジカ、アブラコ、ソイと大漁されてました。

これでは根魚狙いは、厳しいかな・・
広い場所ですから奥に行けば、まだまだチャンスはあると、まずは近場から三人並んで釣り座を構えました。

開始早々、F君に40オーバーのアブラコ。
M氏は、頻繁にアタリはあるようですが、ピンコガヤの猛襲を受けてます。^_^;

わたし、ぜんぜんアタリありませ〜ん。
これはマズイと小移動しますが、今度は根掛かりに苦しみます。
もう少し奥に進もうか・・・思っているところで天気が急変し、釣り場は雪景色に包まれます。

もうこうなると動く気もしなくなり、根のある場所には大物も潜んでいると信じて粘ることにします。
針を一本針に代えて根バラに打ち込むと、ようやく大きなアタリきました。

・・・・

ぜんぜん大きくない。(ノ_<)

その後はどんどんサイズダウンし、結局型物の姿は拝めませんでした。

M氏は、40に届かないものの型物のシイモチと40オーバーのカジカを上げてました。
F君は、40オーバーのアブラコ数本、30以下のイシモチ、マガレイなど4〜5枚上げてましたよ。
ここは、砂地にバラ根が交じる場所ですから、狙えばカレイも釣れます。

カレイにアブラコにカジカが混在する釣り場って、そう無いかな・・面白い場所ですよ。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村



厚田 青島海岸の鰍釣り3

2017年11月10日

今週末は大荒れの予報、さすがに週末の釣りは無理かな、^_^;
条件良ければ、毎年恒例のホッケのジギングに行きたかったんですけどね。

天気は金曜日から荒れはじめ、日本海沿岸には暴風・波浪警報が発令されてます。
そんな荒れた状況ですが、何処か竿出せないかなと、^_^;

石狩方面は南東の風、10メートル近い風の予報出てますが、夜半は波は高くないようです。
この条件なら、崖下に位置する青島海岸なら風をかわせて、釣りになるかもしれません。

ダメ元で行ってみます。(`_´)ゞ

厚田別狩への到着が7時半頃、予報通りかなり強い風が吹いてますが、海岸に降りてみると、

「なんということでしょう。」

そこは別世界、風もなくべた凪の海が広がっているではありませんか。

当然この荒れた天気で釣り人の姿は無く、場所も選び放題ですから、私的にこの海岸の一等地に釣り座を構えました。

1本目のゴロネット仕掛けを投げ込み、2本目の竿を準備していると、いきなり1本目の竿にゴンゴン来ました。

30センチのカジカです、

幸先良いスタート・・・
その後も、仕掛けを投げ込むと即アタリで、鰍の入れ食いとなります。

これは重かった、鰍のダブル、^_^;

まだまだ、続きますよ。

40オーバーの鰍、(^o^)/

この怒涛の入れ食いタイムは開始から40分ほど続きました。
たまたま鰍の溜まり場に当たったんですかね。^_^;

これだけ釣れれば十分です、実釣時間は1時間30分でしたが、この後雨の予報出てますから濡れる前にサッサと撤収しました。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


新版 ここで釣れる 北海道の港 全ガイド

新品価格
¥3,024から
(2017/11/11 10:25時点)

厚田 青島海岸の鰍釣り2

2017年11月7日

暦の上では立冬にあたる7日、いよいよ冬の始まりですね、でもこの日は気温も高く、近郊日本海は穏やかな一日となりました。

しかし明日から週末にかけては、雨となり日本海も荒れそうな予報です。
近郊石狩では、鰍の釣果がピークを迎えたようで、天候の狭間を狙って平日ちょい釣りに行ってきました。

場所は、前回好調だった厚田青島海岸、現着はPM7時過ぎです。
別狩の降り口には数台の車があり平日にもかかわらず入釣者が居るようで、海岸に降りると穂先ライトが4箇所で灯ってました。^_^;

降り口直下の、漁師小屋前で竿を出されていた方に釣果を伺うと、「アタリはあるけど鰍じゃない感じ・・」と冴えない様子。

あら・・今日はダメな日なんですかね。^_^;

とりあえず、空いてるスペースにお邪魔して、2本の竿を投げ終えたのは7時30分頃でした。
今日は9時まで、1時間30分の超短時間勝負で鰍を狙います。

とりあえず魚を寄せないことには釣果は上がらない。ネットにコマセを詰め込むだけ詰め込み10分間隔で投げ続けます。

開始から30分、ゴンゴンと竿先が揺れ、ズッシリとした重量感が伝わってきました。

鰍居るじゃん。^_^

その後は、コマセが効いてきたのか、連続ヒットが続きます。

ここは、平均的に35センチクラスがアベレージ、40オーバーも釣れるらしいけど釣れる数は少ないようです。

1時間半の釣りって、メチャ短いね。釣れなきゃ長く感じるのでしょうけど、今日はけっこう忙しく、あっという間に過ぎ去ってしまいました。
この日の釣果です。

時間があれば数釣りできたかな・・・
時間がないときに限ってよく釣れるんですよね。^_^;


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村





マイクロフリップ、EZノッター、次世代オモリROCKなどユニークな釣具【Gear-Lab】

噴火湾カレイ 再び

2017年11月5日

連休最終日、前回好釣だった噴火湾に再チャレンジです。

本当は、久しぶりに日本海で竿出したかったんですけど、如何せん波が高い予報出てましたので、波穏やかな噴火湾に逃げたというのが本音のところ・・^_^;

まっ、噴火湾もカレイ釣れてますから、十分楽しめますしね。

いつもの漁港到着は4時30分。
あら、今日は車が4台も止まってます。^_^;

夜明けにはまだ早いけど、準備して外防波堤先端部を目指します。
先行者は、中間付近に二人、先端付近に一人竿出してましたが、私がいつも竿を出す場所は空いてました。

そうそう、この場所、釣れる場所という訳ではありませんので・・・^_^;
ただ、他の場所よりも取り込みがしやすいだけです。釣れる場所というならやはり先端が好ポイントです。

さて、今日も4本の竿を準備、暗いうちは釣れないでしょうから夜が明けるのを待ち、6時ジャストにへなちょこ一斉投射です。

ここは、「朝まずめに釣れない伝説」が私の中にあるのですが、今日はどうしたことか、まずめからアタリがあり、型の良いマガレイ、スナガレイがヒットします。

34センチのマガレイ、こいつはガンガンささって楽しませてくれましたよ。

8時半を回った頃、竿尻が水平になる程跳ね上がりました。
竿を手にとるとハンパない重さで、魚が浮いてきません。
「これは、テトラ越しのゴリ巻きでは上げられない。」そう判断して、慎重にテトラを渡って前に出ます。
CXの竿が弓なりになり浮いてきたのは、

40オーバーのイシモチがダブルで付いてました。これは重いはずだわ。
内心50オーバを期待してたのにチョット残念、^_^;

この後もコンスタントにカレイが上がり、バケツがこんな状態。

まだまだ釣れてましたが、今日はもういいかな。^_^;
10時に納竿、実釣時間4時間の釣果です。

撮影後に、スナ2枚、マガレイ1枚を追加してます。マガレイは30オーバが5枚と型に恵まれました。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村





アウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】

噴火湾カレイ好釣

2017年11月2日

晩秋の釣りシーズンに突入、そして、いよいよ三連休ですね。(^o^)/
でも、天気が微妙です。^_^;

私は、先週休みなく働きましたので、なんと、今日から四連休なんです。

さぁ、噴火湾のカレイ狙い行ってみよう。(^o^)/

噴火湾のカレイ、例年なら大漁の時期なんですが、今年は出足が良くない感じ・・・
でも11月に入りましたからねぇ、そろそろ爆っても良い頃です。

向かったのは、噴火湾のいつもの漁港です。
場所言わなくてもわかりますよね。^_^;


夜明け前に漁港に到着、ここで外防、内防どちらに入るか迷います。
二週間前は、外は全くダメで、内に移動してなんとかカレイを揃えたんですよね。^_^;

でも11月ですから、もう外でも釣れるでしょう。過去の実績を信じ、外防波堤に陣取りました。

釣り人は誰もいません。投げ放題ですから気合の4本出しで大漁を狙います。
さぁ期待の朝まずめ、でっかいカレイが竿先をブンブン揺らすよ〜。

・・・・・・

まずいっス。アタリありません。^_^;

でも今日は移動しませんよ。絶対釣れると信じて粘ります。そして7時を回った頃からようやくアタリが出始めます。

ぽつらぽつらという感じで、退屈しない程度にスナガレイ、マガレイが釣れてきます。

アベレージサイズは28センチ程で型は良く、時より30オーバーも混じりますから、釣りごたえあります。

でもね。この漁港の取り込みに難があるんです。
外防に積まれたテトラは、ほぼ乗ることができないため、掛かった魚はテトラに打ち付けてゴリ巻きで取り込まなければなりません。
したがって、針掛かりが浅いとテトラに魚を食われてしまうんですよね。^_^;

この漁港が人気がないのは、そんな事情があるからなのかもしれません。

さて、9時を回った頃から、型の良いイシモチが釣れ始めます。それも全て30オーバーの型物です。

惜しい、僅かに40に届かず、^_^;

小さいイシモチは、持ち帰る気にはならないけど、このサイズは刺身でいけますね。

最終的にこの日は、12時まで粘ってこの釣果でした。

イシモチ8枚、スナガレイ7枚、マガレイ8枚
このほかに、小マツカワ2枚(リリース)。
テトラに食われたのは3枚でした。

爆とまでは言えませんが、好釣といった感じでしょうか。

そうそう、隣に入釣された方が、朝早くに国縫に行ったそうです。
漁港は工事中?で車が漁港に入れないのだとか・・、それでも平日にも関わらず凄い人だったと言ってました。
釣れるんですかねぇ〜って聞いたら、今日入った友人は、ぽつらぽつらだったそうです。

なぁんだ、私と一緒じゃないですかぁ。笑




にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村





マイクロフリップ、EZノッター、次世代オモリROCKなどユニークな釣具【Gear-Lab】