AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

雷雨後の雄冬海岸

2019年6月23日

いやぁ〜、土曜日の雷の連発は凄かったですね。
近所では、落雷による火災が発生するなど、自然の力には驚愕するばかりです。

さすがに雷の中、竿を振るほどの命知らずではないので、大人しく家でゴロゴロしてましたが、夜になると雨も上がり、何処か釣りになる場所はないものかと波浪予想と天気予報を睨めっこです。

太平洋はダメですね。マツカワ狙いに行きたいのに今年はなかなか釣らせてもらえないです。(^_^;)

日本海は穏やか感じですが、南に下るほど雨に打たれる可能性が高い感じです。
北方面は良い感じかな・・・でも北方面は良い釣りをした記憶がないんだよなぁ。

迷っていても仕方ありません、せっかくの休みですから行ってみますか。
札幌を夜9時に立ち、国道231号を北上します。

目指すは、雄冬の海岸、岩尾岬から湯泊岬の間で考えてますが、この天気ですからね、何処でも入れるでしょ。
なんて思ってましたが、いやぁみなさん好きですね。結構ポイントには車が刺さってます。

岩老漁港を過ぎると、入るとこないんじゃない?って感じになってきました。
汐岬、日和岬も人がいる感じですが、湯泊岬は誰も入ってないようです。

湯泊かぁ、良い釣りをした記憶がないけど、空いてるようですから行ってみましょう。

ここは、入口が難所なんですよね。
トンネルの横から磯に降りるんですけど、とにかく狭いんです。
たしか、過去記事にも書いた記憶がありますので、細部はそちらを参照してくださいませ。

http://akamimi.hatenablog.com/entry/2016/06/25/182300

以前あったハシゴは無くなってますね。
上り下りのための木が立てかけてありますが、これだと帰りが大変かもしれません。

まぁ、なんとかなるでしょう。

まずは荷物を降ろしてから、磯に降り立ち岬先端を目指します。

ここは左側の方が水深あるんですよね。
深いところ好きなわたしは迷わず左に釣り座を構えます。

波もなく、風もなく、アタリもない。(^_^;)

10時から11時方向に投げてるんでが、投げ込む場所を変えてみます。

沖合12時方向・・・
水深は浅い感じですが、ちょこまかと小さいアタリが連発。ガヤの巣窟ですな・・
退屈しないけど、これでは餌がもたない。

アタリはなくとも深みに賭けてみようと、元の場所に投げ込み、アタリを待ちます。

ガタンと大きなアタリ。残念針がかりせず。
でも魚はいるようです。

ややしばらくして、またアタリきました。
今度は乗ったぁ、でも軽いんですけど・・・

アタリは良かったんですけどね。シマソイ26センチ、身餌に食ってきました。

ここから時合に突入でしょうか、
連続のアタリです。

竿尻上げたので期待したんですけど、ハチガラ25センチ。

まだアタリが続きます。

アブラコ、残念40に届かずです。
1時間ほど、忙しい時間帯でしたが、その後は元のまったりモードに戻り、東の空が白みがかってきました。

朝マズメを迎えても、まったりモードは変わらず。ここはこんなもんですかね。

早めの撤収、本日の釣果はこんな感じ。

サイズが出ないね。^_^

帰りは心配した通り、トンネル入り口に登るのに苦労しました。
ここに入るには、脚立を持参した方が賢明かな。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

大荒れの室蘭に挑む

2019年6月16日

釣行からかなり遅れての記事更新になります。
なんかね。ブログを書く気持ちになれなくてですね。

何故かって? 釣れないからです。f^_^;

今週日曜日、大荒れの中行ってきました。
釣り会だったので・・・

皆さん、ご承知の通り大荒れの天気だったので、釣りを敬遠した方が多かったと思うのですが、わたしも釣り会じゃなかったら多分おとなして寝てたと思うんですけどね。(^_^;)

まぁ年に数回の釣り会ですから、敢えて荒れた海に挑んできましたよ。
狙いは、得点の高いカジカです。
かなり風の強い中でしたが、まずは昨年入った室蘭の磯を攻めてみました。

満潮の時間帯ですから、ウェイダーはいて腰まで浸かりながら狙いの磯場を目指します。
なんとか、平盤に辿り着くもうねりが凄い。

時より押し寄せる波を避けるため高いところに避難しますが、とても竿を出せる状況ではありません。

これは、ヤバイね。
このままここに居たら波にさらわれる危険があります。

はい、勇気ある撤退です。

とりあえず、波の死んでいる湾ド内で竿を出してみるものの、かなり浅い感じでアタリはありません。

浅くてもカジカは居るよね。粘ってみましたが、唯一釣れたのは30に満たないハゴトコ・・

これでは勝負にならないと判断、狙いを変えて室蘭港内でクロガシラを狙ってみます。

7時頃に崎守に入ったのですが、いつも人がいる一等地も空いてる状態です。

天気悪いからね。(^_^;)
いやいや釣れていないからか・・・

とりあえず、ここで奇跡の座布団クロに最後の望みをかけます。

・・・・・・

まったくアタリありません。

時よりアブ狙いのルアーマンが来て、竿を振ってましたが、こちらもアタリがない様子。

こりゃあ、魚いないわ。

諦め気分で、うたた寝です。

久しぶりにボーズかな、そう思ってたけど終了まじかに、待望のアタリです。

一発逆転の座布団来たかぁ、あれ、軽いわ。

小さいけど、なんとかボウス逃れの一匹釣れました。(^_^;)

今回の反省点は、適切な釣場を選択できなかったことかな、

この大荒れの中でも、カジカ、アブラコとたくさんの大物を釣ってきた猛者がいます。

まだまだ未熟だな・・思い知らされた一日になりました。
この教訓を生かして次回は頑張ります。(^o^)/


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

島武意海岸のソイ 最終戦

2019年6月7日

夏の香りが漂うそんな季節になってきましたね。
例年であれば、日高方面にマツカワ狙いに行く時期なのですが、仕事終わりにスーパーの魚売り場を見てたら、30オーバーのシマソイが一尾500円近い値段で売られてまして・・・

はい、ソイ釣りに行ってきます。( ̄^ ̄)ゞ

時期的にはもう遅いかな・・そう思いながらも、いつもの島武意海岸を目指しました。

そうそう、釣りに行く途中、M石油で給油したんですけど、

なんと、今回で5回連続の777です。
最近、出やすい設定にでもしているのでしょうか、(^_^;)
通常の設定のままだとしたら、運使い果たしてますね。笑

話がそれましたが、島武意海岸の駐車場には午後9時到着。
駐車場には車が1台、この時間だと釣り人ですかね。(^_^;)

準備して電波塔方向の道を進みまが、草が随分と伸びましたね。

入口がもうほとんどわからない状態です。
草が無いのはここだけ、

火山灰でも草木は生えると思うのですが、ここは何十年たってもこんな状態。不思議な感じがします。

この火山灰土質の斜面を横切り、つづら折りの道を進みますが、柏の木が葉をつけて進みにくいったらありゃしない。

ふ〜、ようやく海岸線に到着、べた凪の海が広がります。
ここ最近、島武意の海岸に入ると波になやまされてましたけど、波がないのも逆に釣れる気がしないのよね。

そして形状節理の岩山を越えて、釣り場を目指します。

こんなとこ、f^_^;

若い方なら難なく越えられるこの岩山も歳をとるとね。そもそも投げ釣り装備(大量の荷物)だと大変なんです。

それと、最近持病の腰に違和感が・・そんな訳で、今回も積丹岬は諦め、手前のカヤカ泊に入りました。

汗をかいたシャツを着替えて、冷えた缶ビールを1本。
くわぁ〜、最高ですね。
のんびり飲んでる場合じゃないですね。急いで2本の竿を投げ込みました。

・・・・・・

下げ潮の良い時間帯なんですけどねぇ〜
やっぱ、6月に入るとダメなのかな・・

月明かりもない、暗黒の空に浮かぶ穂先ライトを眺めていると、ようやくグンと竿先が入ります。

よかった、まだ居ましたね。^_^
そしてここからアタリが続きます。

これから祭りタイムかと思いきや、後が続かず、潮止まりの1時・・・、この先は期待できないかな。そう思いましたが、朝まで粘ってみることにします。

たまに釣れるのは、30に満たないサイズです。

朝まずめ、(^o^)/

いやぁ、なんも釣れませんね。やはり運を使い果たしてたかな。

この日の釣果は、こんなもんでした。

今年ここでは一番の貧果に終わりましたが、帰りは荷物が軽いため楽でした。(^_^;)

これで、春のソイ釣りは満足。
もう少しサイズは欲しかったけど、近年では50オーバーなんて滅多に釣れませんからね。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

日本海カレイ最終戦 アキアジ場

2019年5月25日

もう5月も下旬ですか、気温も随分上がり、暑さを感じるようになってきましたね。
時期的には、日本海から太平洋へと戦場を変える時期ですが、今回は日本海のカレイ最終戦として、積丹 アキアジ場に行ってきました。

ここに釣行するのは、3年ぶりでしょうか・・
沼前岬、アキアジ場、西の河原と続く、わたしの大好きな釣り場の一つ、今回は釣友M氏を伴って久しぶりの釣行となりました。

狙いはカレイなので、明るくなってからが勝負なのですが、早めに行って酒でも飲みましょう、という事で前夜からの戦場入りです。

釣り場の入口となる、大天狗トンネル南口のパーキングに到着は10時頃だったでしょうか、
海を覗くと多少波があるものの問題ないレベルです。
気になるのは風・・・
予報では、5メートルを超える南西の風、その後南の風に変わり徐々に強まって来るという予報なんですが、現地ではそんなに強い風は吹いていません。

風が強ければ、予定を変更して西の河原とも思ってましたが、予定通りアキアジ場を目指します。
ワニの背中のようなゴツゴツとした岩を超え、30分程で釣り場に到着、仲良く1本づつ竿出しです。

1本とは随分少ないな、と思いましたか、
だってここ根魚釣れないんですもの。(^_^;)

ガイド本なんかでは、ソイ、アブラコなどと書かれているものもありますが、ここは砂地が近く、ほとんど根掛かりのない場所ですから根魚は居着いていないんでしょうね。

一応、海底の様子が気になったので、魚探deeperで調べてみました。
多少うねりがあり、良いデータは取れませんでしたが、水深は7〜8メートル海底は予想通りの砂地でした。
水深はもう少しあるのかと思ってましたが、以外と浅いんですね。(^_^;)
近傍、沼前は19メートル、西の河原で15メートルありましたから、それと比較すると半分ほどの水深しかないです。

さて、肝心の釣りの方ですかが、
予想通り根魚は釣れず・・・ガヤすらいないという枯れた状態です。
でもね、竿見るとラインが大きくふけてるんです。
その前にフワフワとしたアタリのようなものがあったので、もしかしたらと思たけど、
竿を煽ると、予想通りズッシリとした重量感。
何が釣れたかは想像にお任せしますが、けっこう大きかったですね。(^_^;)

夜釣りは、こんな感じで釣果なく終了、夜が明け期待の朝まずめ

ところが風が強まり、海はうねりを増し、時より波が乗って来る状況となります。
夜の間は、そんなに気にならない風だったけど、予報通りなんですね。
このうねりでは、カレイは厳しい。(>_<)
カレイ数枚釣ったけど、アタリは遠いですねぇ。

この状況では、多くを望めないと判断し、7時前に撤収しました。
これで日本海での戦いは終了、次回からは主戦場を太平洋に移します。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



【日本正規代理店品・保証付】Deeper Pro ワイヤレススマートGPS魚群探知機(Wi-Fi GPS) Wireless Fishfinder FRI-BT-000004

新品価格
¥32,992から
(2019/5/26 01:54時点)

島武意海岸 根魚戦

2019年5月11日

今週末はどうしようかなぁ、
天気は良いが気温が低い、それにちょっと風が強め。

釣りに行こうか迷ったんですが、根魚用のリールを新調したこともあって、ちょっと試し釣りに行ってみることにしました。
向かった先はここ、

島武意海岸、(^o^)/

試し釣りで此処かよって思いました。笑
今回新調したリールは、シマノのブルズアイです。

以前使ってたシマノのアクティブキャストは、自重が680gもあって2個で1360gにもなります。
激磯の根魚戦では、この重さがかなりネックになりますし、最近体力の衰えを感じるようになった事もあって445gと自重の軽いブルズアイに変えてみました。
2個で890gですから以前よりも470gも軽くなりました。
今回はこの違いを体感してみようかと思います。

釣り場は前回と同じカヤカ泊の出岬。
波がちょっとあるので、積丹岬までは行く気にはなりませんでした。

暗くなる前に釣り座を構えましたが、釣れたのは痩せたホッケ一本のみ。
想定内ではありますが、もうちょっと釣れてもいいよね。(^_^;)

陽が落ちて期待の夜戦です。
前回は7時半頃からアタリが出てきたのですが、今日はまったくアタリがありません。

気温は4度くらいでしょうか、肌寒さを感じ防寒着を持ってくれば良かったとちょっと後悔です。
取りに帰れる距離でもなくここは我慢しかありませんが・・・

8時半を回った頃、ようやくアタリです。

アタリは良かったんだけどサイズが・・
この後も同サイズを追加しますがこれではねぇ。

ここは、今までの経験からいうと下げ潮の時間帯にアタリが集中します。
しかしこの日は小潮で潮があまり動かない・・、加えてこの波ですから、魚も食いっ気が立たないようです。

それでも9時半を過ぎた頃から、少しアタリが出てきたかな、

今日は、ソイよりもアブラコの方が活性が高い感じです。(^_^;)
リリースしたものを含めアブラコは5本ほど釣れました。

この日のあたり餌は、前回同様イカゴロです。
以前は粉タイプの撒き餌を持ち込んだりしてたのですが、重たいのでいまはイカゴロオンリー、撒き餌+食わせ餌ですからイカゴロは万能餌ですね。

釣りに来る前日の話なのですが、釣り会の会長と電話で話しをしてました。
関西の方で、日本記録を複数持つ屈指の大物釣り師、北海道でも大物を数多くあげてます。
投げ釣りのコツは何なのか・・・
いつも何かヒントを得ようと思って話を聞いてるのですが、これと言った答えは見つからない。
ポイントの話、仕掛けの話、竿・リールの話・・・
一番答えに近いと思っているのは、エサの話でしょうか、(^_^;)
魚が食べたいと思う餌を目の前に放り込むこと、又は撒き餌で寄せる事が釣果につながるんでしょうね。
魚が其処に居るというのが大前提ですけど、

釣果の方に話は戻りますが、この日は明確な祭りタイムはなく、ぽつぽつと釣れる感じでした。
明日は所用があり、11時には納竿としましたが、この日の持ち帰りはこんな感じでした。

ところで新しいリールの減量効果はどうだったのかって、
いやぁ、行きも帰りも楽でしたよ。
と言うより、今日は釣った魚が少なかっただけのような気もしますが、笑

500gの差なんて、ペットボトル1本程度ですから気持ちの問題ですね。(^_^;)


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村




勇払海岸 ◯◯◯◯60オーバー

2019年5月5日

ゴールデンウィークもいよいよ終盤戦。
天気も良い感じなので、ゆっくりと釣りを楽しみたいところですが、5日夜は旭川で同期会の予定が入ってます。(^_^;)

でも夜まで時間もあるし、途中で釣りして行くというのもありかな・・・
という事で、釣り道具を車に積み込み出発で〜す。

着いた先はここ。

勇払海岸、(^o^)/

なんで旭川行く途中が勇払なんじゃ。ヾ(゚д゚ll)ォィォィ

ははは、実はね日本海北上して途中、雄冬辺りで竿出そうかと思てたのね、でも日本海波高そうで磯は無理っぽい・・雄冬漁港は外防が立入禁止になっているとかで、釣り場が無いような気がしてですね。

そんななか、苫小牧方面のクロガシラが上向いてきたという情報が舞い込んできたもんですから・・
まっ、苫小牧から旭川まで高速一本で行けるしね。(^_^;)

さぁ期待の勇払海岸は、快晴、風もなく大潮と好条件だけど、ちょっと波があります。

波の立ち具合でかけ上がり(ブレイク)の位置がわかりやすいけど、届くか、届かないかギリギリのところ・・・
写真で波が立っているラインまで100メートルくらいです。
とりあえず、おもいっきりぶん投げてみます。
さぁクロは寄ってるかな。

・・・・・・・

1時間ほど待つもアタリないです。
餌変えのために仕掛をあげるとこんなのが着いてました。

イシモチ、( ´ー`)
これでは竿先揺らせないね。さらに、

スナガレイ、( ´ー`)

ようやくアタリが来たと思ったら、

クロっぽいけど、ちょっと違う。
カワガレイ、( ´ー`)

朝からスタートに躓き、一抹の不安を覚えますが、7時を回った頃からようやくクロガシラ来ましたよ。

ここから、怒涛の6連チャンでクロゲット。
でもサイズがいまいち。
今年は大きいの釣れないねぇ。( ´ー`)

諦めずに針にこれでもかと、イソメを房掛けし、フル遠投。
どりぁ〜〜〜、あら、すっぽ抜けた。
仕掛は右45度方向にすっ飛んできました。

周りに誰もいないし、まっいっかぁ。(^_^;)
この時、この竿にとんでもない物が付いてくるとは知る由もありません。

9時を回るとカレイのアタリは遠のき、時より竿先を揺らすのはこの方。

もう今日はダメかな、そろそろ止めようかと思っている矢先、先程投げ損じた竿が大きくお辞儀。
竿を手に取ると合わせるまでもなく、ガンガンと引き込んでいきます。
これは、でかいよ。
カレイなら50超え間違いなし・・・でもこの暴れ方はカレイじゃない・・アブラコ?

何が付いたか、わからぬまま、必死にリールを巻きます。

えっ、マス?

そう見えるほど、でかいのが着いてました。

期待させて申し訳ありません。

◯◯◯◯の正体は、アカハラ60.5センチでした。(^_^;)
こんな大きいの居るんですね。わたしのアカハラ自己新記録です。

でもなんか、嬉しくない。笑

この後、餌がなくなる11時まで粘りましたが、30ちょいのイシモチを追加して終了です。

本日の持ち帰り、クロ6枚。

期待にそぐわない釣果でした。f^_^;

釣りの後は、苫小牧から高速乗って旭川へ、
旭川到着、さぁサンロク街に繰り出そう。\( ˆoˆ )/

あ〜ぁ、連休も終わっちゃいますね。(´・ω・`)ショボーン

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村




札幌近郊 厚田青島でクロガシラ

2019年5月1日

令和の幕開けです。(^o^)/
ゴールデンウィークも中盤戦、今日は天気はあまり良くない感じでしたが、日本海側は波もなく釣り日和だったのではないでしょうか、

こんな条件ですから、釣り場は何処も混んでいそうです・・・
遠出して渋滞に巻き込まれるのも嫌なので、今回は札幌近郊の穴場的な場所を狙って釣行してみました。

場所は石狩厚田 青島海岸。(^o^)/

この時期にカジカでも釣るのか?
なんて思われた方もいるかと思いますが、此処は春、秋にはクロガシラ が釣れるポイントがあるんですよ。
型は期待できないけどね。(^_^;)

青島海岸には、南北二つの湾ドがありますが、此処がクロのポイント、今回は北側の湾ドに入ってみました。


(厚田漁港方向を望む)


(古譚方向を望む)

ちなみに、南側の湾ドはこんな感じ、

どちらの湾ドでもクロガシラを狙えますが、波がない時がお勧めです。
波があると海藻が絡んで釣りになりません。(^_^;)
湾ドの両脇がカジカ場ですから、釣れる魚種はクロガシラの他、カジカ、アブラコかな、

さて今回は、遅めの出発だったため、釣り座を構えた時にはすっかり明るくなってました。
写真を見た通りベタ凪、わたしの他には誰も居ない開放感溢れる釣り場となっております。笑

4本竿出しで、2本は1本針で100メートル以上の遠投、2本はコマセロケット仕掛で80メートル付近に投げ込みました。

あっ、そうそう釣れる魚種もう一匹忘れてました。

一番釣れる魚種を忘れるとは・・・笑
特にコマセなんて撒いたら入れ食いとなります。

秋なら持ち帰ってカジカの餌にするんですけど、この時期、需要はないなぁ。

狙いのクロですけど、なかなか釣れなくて焦りました。
このままでは、アカハラの餌付けに来たようなもの・・・
しかし、7時半を回った頃からカレイのアタリが出てきましたよ。

型もまあまあです。(^_^;)

釣れるのは全て遠投した仕掛、コマセ仕掛はウグイ寄せでしたね。
そして、終了間際にこんなのが、

40オーバー、(^_^;)
カジカシーズンでも、此処ではなかなか出ないサイズです。

5時から10時までの短時間の釣りだったけど、持ち帰りはこちら。

まぁ、釣れたって感じかな。(^_^;)
ちなみにアカハラは10匹以上釣れましたよ。

札幌市内から1時間程度で来れる、釣れる時はそれなりに釣れる青島海岸です。
釣れない時は、浜辺を散策してメノウ探しという楽しみもあるかな。

わたしは石には詳しくないので、これがメノウなのかはわかりませんが、笑



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村