AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

太平洋クロガシラ開幕戦

2017年3月7日

先週号の「つりしん」一面には「大型クロガシラ好発進」の文字が踊ってましたね。
「つりしん」の情報は、先週の情報ですから今現在は如何なのか?そこが気になるところです。

室蘭のクロガシラは、第一陣の岸寄りで好釣に釣れたようですが、今は小康状態との情報もあります。

ならば苫小牧方面はどうなのか?
実は秘かに数が釣れている、との情報がありまして、実際に確かめるべく行ってまいりました。( ̄^ ̄)ゞ

今回の釣行では、私にしては珍しく多くの方とお話をさせて頂いた関係で、場所の詳細は伏せさせていただきますのでご了承くださいませ。^_^;

クロガシラの一級ポイントと聞く某所に到着したのは午後4時頃だったでしょうか、
夕マズメの良い時間帯、目指した釣り場には既に4人ほど竿を出してました。

釣れてるのかなぁ〜、半信半疑でしばらく眺めていると、30クラス、40クラスとクロガシラが上がりました。

お〜、釣れてるじゃん。(o_o)
迷わず竿を担いで、岸寄り右端の開いてるスペースにお邪魔させてもらいます。

準備をしていると、左角地に釣座を構えていた青年が近づいて来まして、
お〜、これはH君ではないですかぁ。昨年春に小樽南防でお会いして以来です。^_^;
準備するのを忘れてしばし談笑。

おっと、目的を忘れてはいけません。急ぎ準備してコマセ籠付仕掛と片天秤仕掛けを50メートル付近に投げ込みます。

私の左隣は、今日はあたり場所なのでしょうか、コンスタントにクロが上がります。
私、まったくアタリなし。^_^;

午後5時を回った頃、竿尻が持ち上がる大きなアタリ。

♪───O(≧∇≦)O────♪

重い!これはデカイのきましたよ。
なかなか浮いてこない・・・、ようやく水面に姿が見えてきました。間違いなく自己新記録のクロ
しかし、魚が浮いた瞬間、一瞬ラインが緩んだのか痛恨のすっぽ抜け、(>_<)
吹き出したアドレナリンは行き場を失い、放心状態です。

その後、小さなアタリ、魚付いてるのかわからない重量感なのに、釣れたのは30オーバー

大きいの逃した直後で、なんか小さく見える。^_^;

午後5時半日没を迎え、夜戦でクロの要撃態勢。
と言っても重りをケイムラに換えるだけですけど・・・^_^;

暗くなると餌取りの活性が上がるのか、小さなアタリが続きます。

超ミニカジゴン、^_^;

良い型のクリガニ
デカクロと勘違いさせられまして、またまた無駄にアドレナリン放出、笑

午後10時まで粘って私の釣果はクロ5枚。

この日は、釣った人で二桁は釣れてましたから数は申し分ありません。
サイズも40クラスも釣れてましたから、まずまずなのでは・・

今回の釣行では、奇遇にも有名ブロガー?さん
達と遭遇しまして、大いに盛り上がりました。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました。(^o^)/
また、何処かでお会いした時にはよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



早春の沼前岬

2017年3月2日

気がつくともう3月、ここ数日気温も上がり春めいてきましたね。
室蘭では、クロガシラが開幕したらしく、40、50クラスのクロガシラが釣れているのだとか・・
でも場所取りが大変そうですね。^_^;

さて、この日は平日の休み、(^o^)/
波浪予報も見ると、日本海、小樽から東積丹は凪状態、西積丹は多少波はあるけど竿を出せそうな感じです。
早春の忍路竜ヶ崎にも行って見たかったのですが、この時期のカレイならやはり西積丹の方が熱いですよね。

はい、懲りずに行ってきました沼前岬。

朝マズメから開始すべく、暗いうちから岬先端を目指して出発。
道路から磯に張り付くまでの間は、30センチ程雪が残っているものの、それ以降の行程には、ほとんど雪はありません。


(帰りに撮影)

ゆっくりと歩いて40分、岬先端部の釣り座に到着です。
汗を拭い、ゆっくりと準備して今日は欲張りな4本態勢でカレイを狙います。

この日は、南からの風が強く、ヘッポコの私でも風に乗って5色ほどラインが出ます。^_^;
2本の竿は1本針の遠投、もう2本はコマセ籠付仕掛けで80m付近に投げ込みました。

期待の朝マズメ、
うーん、相変わらず渋いです、気温が上がっても水温が低いのかカレイの活性は上がらない。
勝負は陽が昇ってからですかぁ・・・

遠く神威岬を眺めていると、ガァ〜と獣の雄叫び。出ましたトド、^_^;

あちゃあ〜、貴方がいると釣れる気がしないのよね。目の前を優雅に泳ぎ回ってましたが、

ラッキー、トド上陸。(^o^)/
貴方は、そこでゆっくり寝ていてくださいませ。

トドの所為なのか釣れない時間が続きましたが、9時半を回った頃からカレイの活性が一気に上がります。

クロガシラ、(^o^)/
その後は、アサバがコンスタントに竿先を揺らし、プチ入れ食い状態。(おかげで写真撮れず、^_^;)

今日は遠投ダメですね。カレイが付くのはコマセ籠付の仕掛けばかりです。
竿尻を上げたアタリに付いてきたのは、この日の最長サイズとなるマガレイ。

もっと大きいかと思ったけど・・^_^;

忙しい時間帯も小1時間で終了、その後は散発的。
潮回りを見ると、プチ入れ食いとなった時間帯は、丁度下げ潮の良い時間帯だったようです。

潮止まりを迎える12時には完全にアタリがとまりました。

この日の釣果は、

マガレイ4、クロガシラ1、ソウハチ1、アサバ10で二桁達成。(^o^)/

マガレイの比率が上がってきましたよ。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



冬の沼前岬に魚はいるか2

2017年2月23日

先月1月22日、雪深い沼前岬に突入も、ホッケ1本の貧果に泣きました。1月はさすがに早過ぎでしたね。^_^;

2月も月末、そろそろ沼前良い頃でしょう。満を持して沼前に再チャレンジしてきました。

夜明け前から準備し磯に突入します。
降り積もった雪の上にはキツネなのでしょうか、小さな足跡🐾
この足跡が経路を選定するのに良い目印になります。

沼前岬までの道のりですが、昨年よりは雪は少ない。
一応スノーシューを持ってきましたが、使わなくても行けます。


(帰りに撮影)

夏場なら40分あれば付く道程も50分ほどでしょうか。

夜明け前に到着、(^o^)/

波もなく風もなく、これで晴れたら最高の条件ですが、終日曇りの予報。
朝まずめから3本投げ込み開始
狙いは型物カレイ、2本針仕掛けに塩イソメを房掛けです。

期待した朝まずめですが、まったくアタリなし。
朝まずめよりも日が昇ってからが勝負と読んでいましたが、いちどもアタリがないのは焦ります。

待つこと2時間、コンコンとこの日初めて小さなアタリ。
カレイ?、十分食い込ませてから合わせます。

ギス、T_T

やばい、ボウズの予感が頭をよぎります。
さらに待つこと1時間

遠投した1本針仕掛けに明確なアタリきました。

27cmのアサバ、(^o^)/

ポイントは遠いのか・・3本の仕掛けを全て1本針仕掛けに換装し、遠投に切り替えます。

これが正解したのか、アタリが頻繁にきます。

型の良いアサバですが30に届かず。^_^;

よそ見をしてたら1本の竿の糸がふけてます。
糸を張ると大きくグンと入りました。

なかなかの重さ・・この絞り込みはマガレイですね。

36cmの嬉しい一匹、(^o^)/

その後もカレイを数枚追加し、最終的な釣果は8枚

マガレイ×2、アサバ×5、ソウハチ×1です。
いずれも27cmを超えてますから型はまずまずです。

この日は気温も高く春の陽気を感じた一日でした。
しかし、金曜日からまた季節は冬に逆戻り、大雪の予報も出てますから、沼前もまた入りにくくなるかもしれません。

今回はタイミング良く釣行できたかな。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



石狩は釣れているのか・・

2017年2月18日

皆さんお久しぶりです。
いやぁ〜、週末の悪天候続きにはまいりますね。
釣りに行きたくても、この気象条件では、さすがに釣りに行けません。(>_<)

石狩川なら悪天候でも釣りになりそうだけど、今年はハゼが不釣なんですよね。
例年、関東でいう25㎝を超えるヒネハゼが、釣れる時期なんですが、年が明けてからはカワガレイしか釣れません。

このスプールケース、2016年年間大物賞として、いただいた景品です。
昨年1月末に釣った28㎝のマハゼが、協会1位となりました。ヽ(^o^)

今年も狙いたい賞の一つなのですが、冒頭に書いた通り、ハゼが釣れない・・・

まっ、海も時化ていることですし、一発狙いで行ってみるのもありかな・・
ダメなら温泉に浸かって帰ってこようと、気楽に考え出かけてみました。

現着20時30分、いつもの河口寄りの広場に釣り座を構えます。

強い西風が吹いているので、流れてくる氷の影響はないものの、時より吹雪に見舞われます。

30分待ってようやく小さなあたり、

カワガレイ・・・^_^;

この一匹を釣った以降は、1回のあたりもナッシング。
ダメですね〜、やはりハゼは釣れないです。T_T
2時間粘ってギブアップ。

番屋の湯、(^o^)/
こんな日は、ゆっくりと温泉に浸かった方が正解ですね。

「番屋の湯」の泉質は、ナトリウム 炭酸水素塩・塩化物強塩泉で、地下数百メートルか汲み上げた、太古の化石海水というもの。
ガトキンと同じ塩辛い温泉なんですが、この日はまったく塩分を感じない?のです。
こんな日もあるのかな?そんな疑問を抱きつつもゆっくりと温泉に浸かってきました。

心身ともにリラックスできたところで、帰り際にニシンが釣れていると聞く、石狩新港に立ち寄ってみます。

樽川埠頭、車が20台と満員御礼、(o_o)

自動しゃくり機がびっしりと並んでますが、この時間まったり。
釣れてる感じではないですね。

ニシン大漁は、ガセなのかな・・・

樽川砂揚場をのぞいてみます。
ゲートの前には10台ほどの車が並んでます。

こちらは、釣れてましたよ。
30㎝ほどのニシンがクーラーから溢れてます。!(◎_◎;)

まさに入れ食い。サビキには鈴なりにニシンが付いてきます。
これだけ釣れたら面白いですよね。

しばし見学してましたが、湯上りで体も冷えてきましたので退散。

時間帯によるのかもしれませんが、石狩のニシン、噂通り熱いですよ。ヽ(^o^)


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村




千畳敷 天気は良かったが・・

2017年2月5日

今日は、冬の日本海としては、最高に良い条件の一日だったのでは・・
気温も高く、風もなく、波もない・・これは絶対に釣れるでしょう、という絶好の日に、久しぶりの千畳敷に行ってきました。

混み合う釣り場は好きではない、と以前から書いている私ですが、ここ最近釣れる釣りをしていない。^_^;
これは、好き嫌いを言ってる場合じゃないでしょう。
千畳なら冬枯れの2月でも、何かしら釣果が期待できますしね。

日曜日でこの気象条件、かつ、人気の釣り場ですから早めに現地入り。午前2時30分の到着です。

車が駐車場まで入れるか心配しましたが、こちら方面、今年は雪が少ないですね。
余裕で駐車場まで入れました。


(帰りに撮影)

車は意外と少なくて、5〜6台ほどです。
磯を覗くと、人の気配はなく、皆さんの夜明け待ちのようです。^_^;

私には、車の中で待つという習性はありませんので、夜明け前から場所確保のため磯に出ます。

あら・・、一等地には、すでに三脚がならんでます。・・・^_^;

空いてる場所に釣り座を構え、夜釣りでホッケ、ソウハチを狙ってみます。

一度のアタリもないまま朝マズメ、
遠くに羊蹄山がくっきりと見える爽快な朝。
いつしか千畳は、投げ釣り師、ルアーマンで溢れかえってました。
さすが人気の釣り場です。^_^;

皆さん、黙々と竿を振ってます。
雰囲気は釣れそうな感じなのに渋いんです。(>_<)

完全に日が昇った頃、ようやく周りでカレイがポツポツ釣れ出しました。

アサバです。
う〜ん、もう少しサイズが欲しい・・^_^;

先端部では、35オーバーのアサバ?、マガレイ?が上がりました。
これからが時合いか・・・

期待しますが、渋さは継続中。

サイズの、割にはアタリは小さかったです。
でも、さすがマガレイ、ファイトは格別ですね。

その後も、ぽつらぽつらでカレイが釣れました。

アサバ、ソウハチ、マガレイ、スナガレイといづれも種類の違うカレイ。^_^;
もう一匹スナが釣れたけど、あまりにも小さくてリリース。

カレイは、コマセカゴ付きの仕掛けが良い感じでした。

昨年の同時期と比較すると、カレイに関しては数も同程度だったので平年並みなのかもしれません。
でも、昨年と大きく違うのは、ホッケの姿がまったく見えないこと・・・

ホッケどうしちゃたんでしょうね。

久しぶりの千畳敷でしたが、まだまだ走りといったとこでしょうか・・
サクラ狙いのルアーマン大勢いましたが、釣れてなかったです。^_^;

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



苫小牧に魚はいるか、

2017年1月29日

週末はゴロゴロして過ごしてましたが、今日は天気良いよねぇ〜。
これなら、何処かに釣りに行けば良かったかと思う訳ですが、釣れる魚はいないかな・・

でも時間もあるし、久しぶりに投げ練兼ねて、苫小牧まで出かけてみました。
場所は、苫小牧東港周文埠頭側の掘り込みです。

とりあえず、3本投げ込み。
サーフリーダー425CX-Tに30号で投げ練してみます。
久しぶりのV字でフルスイング。
右に抜けていくのは、相変わらず。^_^;
飛距離もぜんぜんです。
しばらく練習さぼってたからねぇ〜。

陽が落ちて良い時間帯になりましたが、投げた竿にはアタリありません。
一応、コマイ狙いなんですが、触りもしません。

18時半まで粘ってみましたが、エサもそのまま帰ってくる。エサ取りさえもいない状況に我慢できず、移動することにします。

向かったのは苫小牧西港勇払埠頭。

1月の初めには、コマイは釣れなくともアブラコにソイが遊んでくれました。
何かしら釣れることを期待して、西港への場所移動です。

しか〜し、ここも激渋の状況は変わらず。
一度だけ、小さなアタリはありましたよ。
アタリだけね・・^_^;

その後は、な〜にもなし。
周りには4〜5人投げてましたけど、同じ状況です。

はい、今回も釣れない情報でした。^_^;

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



石狩川 ハゼ狙い

2017年1月27日

釣りには厳しい季節になりましたね。
天候も荒れる日が多く、釣り物も少ない時期となってきました。

毎年1月は、石狩川に巨ハゼ狙いで釣行するのですが、今年は気温が低い日が多く、かつ良い風に恵まれません。

27日気温は、−3度、西風10mと氷を避けるには良い条件でしたので、久しぶりに夜釣りでハゼを狙うべく旧渡船場に釣行してみました。

現着20時、この風ですから誰もいません。^_^;

川面は、予想通り氷が流れておらず、釣りにはなりそうなので2本投げ込みました。

投げて直ぐに、アタリです。

20センチほどのカワガレイ、^_^;

その後もアタリは頻繁に来ます。


入れ食い・・・・・^_^;

18〜25センチほどのカワガレイばかり・・・
狙いのハゼは、一匹も釣れません。
去年は、この時期25オーバーのハゼがつれたんですけどね。

22時を回った頃から、吹雪模様になってきましたので、竿を収めました。

今年の石狩川のハゼはダメですね。^_^;

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村