読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

瀬棚沖堤にて○○○ショー

道南の釣り

2016年4月16日

「男たるもの楽を求めてはいかん。
釣り場に船で渡るなどは以ての外・・・」

「時に激磯を歩き、時に岩を登り、崖を下り、海を漕ぐ、苦労して入釣し大物を手にした時にこそ、本当の喜びを味わえるというもの・・・」

そんな講釈を垂れるAKAMIMIの姿は、瀬棚の渡船「寿喜丸」の船上にあった。

あれ⁈、船で渡るは以ての外って・・・

いゃ〜。しょうがないじゃないですか、
沖堤には歩いて行けないんですから・・・ヽ(´o`;

はい、つまらない前置きで始まりましたが、今回は瀬棚港の沖堤の一つ、北防波堤にJCAさんと釣行しました。

私自身、瀬棚沖堤は初釣行、JCAさんから、いろいろとアドバイスを頂き北防波堤に挑みます。

この日北防波堤に渡ったのは、JCAさんと私の二人だけ、今回は防波堤先端部に釣り座を構えました。

JCAさん6本、私4本の計10本の竿が並びます。
波なし、風なし、天気も上々。
まさに「今日は、もらったぁ〜」と雄叫びをあげるAKAMIMIです。

朝マズメは、期待通りカレイとホッケがいい感じで釣れてきます。
カレイは30オーバー、ホッケも丸々と太った旨そうなサイズが連発。

ホッケは、身餌が良いようで、サンマに食ってきます。

でも私、本当はホッケじゃなくてアブラコ、ソイ狙ってるんですけどね・・^_^;

ホッケを入れ食いで釣り上げる私を見て、JCAさんから「ホッケハンター」のありがたい称号を頂きました。笑

ホッケは、順調に釣れるけどカレイの魚影は薄い感じです。
特にマガレイの姿がありません。
これは、瀬棚に限ったことではなく、何処に行っても薄いと感じるのは私だけでしょうか・・・

順調な出足で、型物の期待が高まる中、出ました〜。

イルカ〜、それも数が半端ない。

イルカのボイル、^_^;
何匹いるんでしょう。目の前をバシャバシャ泳ぎ回り、逃げ回る魚を目当てに鳥山までできてます。

はい、あたり止まりました。全く釣れませ〜ん。
ただただ、イルカの群れがいなくなるのを指を咥えて見てるだけ・・・

イルカショー、2時間近く続いたでしょうか、ようやくアタリが戻ってきたのが昼近くになってからです。

ホッケは、散っちゃったのか釣れなくなりましたね。^_^;

その後は、散発的にカレイを追加したものの数・型とも伸びず、15時迎えの「寿喜丸」に乗船し北防波堤を後にしました。

「寿喜丸」船長の話だと、他の防波堤も釣果は芳しくなかったようです。やはりイルカの影響は大きかったようですね。^_^;

本日の釣果

「寿喜丸」のブログ、「寿喜丸船長のつぶやき」にも紹介して頂きました。
http://sukimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-641.html?sp

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村