AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

島武意海岸 笠泊 ぶっ込み

2016年5月6日

ゴールデンウイークも終盤に入りましたが、安定しない天気で思うように釣行できない方も多いのではないでしょうか。

私、この連休間に行こうと思っていた釣り場があります。
昨年も行こうと思いつつも、行けなかった場所。

島武意海岸、根魚狙いの釣行
ここを訪れる釣り師の大半は、ロックの軽装だと思いますが、
私は、ぶっ込み(投げ釣り)の重装備で挑みます。^_^;

狙いは、ソイ・アブ・カジカの三点セットです。

前日の17時、笠泊入口となるパーキングエリアに到着。

遊歩道を1キロ弱進むと笠泊の海岸を望む高台に到着です。

多少波がある程度、これなら大丈夫と判断し、海岸線に続くつづら折りの獣道を降り、ワンド左の磯を目指します。

左磯先端の平盤に到着。
台上から見た以上にウネリがあります。^_^;

写真右の離れ岩に乗りたいけど・・・
今の状況なら渡れそうですが、ここは外海に面しているため、多少の波でも帰れなくなる危険性があります。

今いる平盤でも時より波が被っているので今回は諦めましょう。^_^;

何処に釣り座を構えようか・・・
考えた末、東からの強い風を多少避けられるワンド裏側に入ることにしました。

波も死んでていい感じ。
ただ此処、メチャ荒根なんですよね。^_^;
消耗戦覚悟で挑みます。

夕マズメの良い時間
一投目から、ガンガンアタリがきます。
釣れてきたのはこれ、

超ピンコガヤ、(−_−;)
このサイズが沢山いるのでしょう。餌は瞬殺です。

これはたまらんわ。
竿を上げて暗くなるのを待つことにします。

陽が落ちた、19時から再開
まだ、ピンコガヤはいるようですが、20㎝程の型の良いガヤも釣れてきます。
20時を回った頃、竿尻が上がるアタリ。
ついに巨ソイ来たかぁ〜。

メチャ重いよ。
浮いてきたのは、でっかいカジカ。
これは抜けない・・・片手でタモをたぐり寄せタモ入れしようとした瞬間、
痛恨のスッポ抜け〜、???

ゆっくり沈んでいくカジカをタモで追いますが間に合いませんでした。
この時、カジカが口から白い物を吐き出します。

イカですね、これを丸呑みして、かつ餌のイカゴロを咥えてきたんですか、^_^;

この日の最大にして最後の決定機
こういうチャンスを何時もものにできないのが私の弱さです。

気を取り直して夜戦続行も、ガヤ、時よりホッケ・・・

そして深夜、根掛かり3連発と気が滅入っているところに、また根掛かり。

またかい・・、糸を切ろうとすると浮いてきました。それもかなりの重量感

これは奴ですね。^_^;
浮いてきたのは、これまたデカイ奴
あなたは、望んでませんので・・
丁重にお引き取り願いました。

仕掛消耗も予想以上に激しく、このままでは朝マズメまでもたないと判断し、一度竿を上げて、ルアー竿にチェンジ

ワームでランガンしてみますが、何処に打っても無反応
ならばとエギを振ってみますが、こちらも反応なし。

駄目だね・・・^_^;

東の空が白みがかってきた3時半頃から、ぶっ込み再開。
相変わらずガヤ・・・おいおいソイはどうした。

朝マズメの良い時間になってきましたが、波も高くなり釣り座を洗うようになってきました。

離れ岩はもろに波を被ってます。
渡らなくて良かった。渡っていたら帰れなかったですね。

まだまだ粘りたいところですが、危ない状況になってきましたので5時に撤収とします。

本日の釣果

リリースしたガヤは数えきれません。^_^;
大きめのガヤのみ煮付け用にキープ
ホッケは35オーバーと型は良いですよ。
ソイはまだ早いのか、一匹もなし。

ここはまた、月末に再訪かな・・

帰りに入舸漁港の様子見
漁港外の磯には三人ほど乗ってました。
カレイポツポツ釣れてましたよ。サイズは小さいようでしたが・・

漁港内突堤にも沢山の釣り人
こちらもホッケがポツポツです。時期的には爆の時期なんですけどね。^_^;

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村