読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

最終戦? 日高方面カジカ狙い

日高の釣り

2016年12月27日

今年の最終戦?は、日高方面でカジカ、アブラコ狙いを計画してました。
場所は、えりも、様似方面を考えてましたが、この日は10mを超える風の予報とあって断念。

門別〜節婦間で場所を見ながら竿を出すこととし、昼に札幌を立ちました。
大雪の影響で市内を抜けるのに倍以上の時間を要し、日高路を目指します。

日高方面は、雪少ないですね。厚賀を過ぎると、雪はまったくなく別世界のようです。

まず最初に目指したのは、節婦漁港の左岸海岸


釣り座を構えたのは、海岸線に並ぶテトラ帯の東端、ちょうどチョロ川が流れ込んでいる場所です。
今日は他に釣り人がいないので、ここから漁港方向に、カニ歩きでカジカを拾い釣りしようと思います。

平坦なサーフに見えますが、根掛かりの激しい場所なんです。

最初に竿先を揺らしたのは、25㎝ほどのハゴトコ、^_^;
その後もハゴトコ、ハゴトコ、ハゴトコとちょっとうんざり。

最初の場所から100mほど移動した場所で、今日初めての大きなアタリきました。
この重量感、間違いないでしょ。

おしい、40㎝に届きませんでしたが、狙いのカジカです。

釣れた場所で二匹目のドジョウを狙いますが、後が続かず・・・

更に左に移動すると、また大きなアタリにそこそこの重量感。

ダァ〜、BIGクサウオ。>_<
この一匹を釣った時点で、この場所を諦め移動です。

次に向かったのは、節婦漁港右岸。
国道235号から、節婦市街に入る道路の踏切を渡った直ぐの場所。



(明るい時に撮影)

秋には、ここに工事用のプレハブが建ってたのですが、今は撤去されてますね。
ここは、カジカ場としては、有名どころですが、釣り人は見当たりません。^_^;

ここで、1時間ほど様子を見ますが、アタリのアの字もなく、再び場所移動です。

次に向かったのは大狩部。

8月の台風で大きな被害を被った場所ですが、今はどんな感じなのか・・・
列車がまだ走っていた頃、警笛を鳴らされながら釣りをした懐かしの場所です。^_^;

日中は、護岸の補修工事をしていますが、夜は工事をしてないようなのでチラ見してきました。^_^;

大狩部駅から苫小牧方向に200mほど進むと、線路が100mほど宙吊りになってます。
ここが、台風で盛土が流出した場所なんですね。

ただ、護岸は修復されているようで、まだ先には進めます。

更に苫小牧方向に進むと、遠目に重機(クレーン車)が見えてきました。
ここでも護岸の補修をやってるんですね。

大狩部、夜限定なら竿は出せそうですが、今回はやめておきます。^_^;

次に向かったのは清畠。
生コン裏に車が一台止まっているようなので、駅裏で竿を出してみました。

この頃になると波風が出てきて、仕掛けにゴミが絡んであずましくない。>_<

1時間ほど様子を見ましたが、アタリはありません。

今回の釣行は、朝まで粘る予定だったけど、この時点で釣れる気がしなくなり、早めの帰宅です。

本日の持ち帰りは、カジカ一匹。^_^;

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村