AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

大荒れのカレイ大会

2019年11月17日

11月17日の釣行記事を今頃アップですかぁ
なんて言われそうですが、荒れた天候の中での釣行で、釣果も思わしくなくてですね。
書きかけの記事を放置してました。(^_^;)
このまま放置でもよかったのですが、自身の備忘録的な意味も込めて書いてるブログですから、一応アップしておきます。
冒頭に書いた通り、荒れた中、釣果も乏しい内容なので釣果を参考にしている方はスルーしてくださいませ。

11月17日、この日は年2回あるクラブの釣り大会でした。会場はウトナイ湖道の駅を起点として、何処でも可という自由度の高い大会ですが、距離と釣り時間を考えると釣り場は、日高、胆振の太平洋になるのが常です。しかしこの日の太平洋沿岸は、吹雪に爆風と最悪のコンディションとなりました。

まず目指した釣り場は、室蘭の磯を選択
北西の風、10メートルの予報下、風裏になることを期待して磯場をめざしました。

台上から磯を覗くと、白波が立っているもののなんとか入れそうな感じだったのですが、現地に着くと、風裏どころかモロに風を受け、暴風という状態でした。

暫し海を眺めてましたが、風を我慢すれば釣りになるか・・、そう思って試しに1本だけ竿を出してみましたが、この風ではアタリなんて取れるわけもなく、まだウネリが磯に乗ってきたこともあり、あえなく撤退となりました。
釣果、ガヤ3匹
写真は・・・、カメラを構えることもできない最悪の状態でしたからありませんよ。f^_^;

荒れる磯を後にし、さてどうしたものか・・
規定の時間までは、まだ5時間あります。

室蘭よりも東の方は、まだ風がマシだったかな・・来るときの事を思い出して、登別方面を目指しました。そして入った場所は此処。

富浜の一本防です。
過去に一度竿を出している場所だと思いますが、たしか40オーバーのカジカを1匹だけ釣ったかな・・
餌取りもいない静かな場所だったと思います。

今回も、前回同様投げ込んだ仕掛けに反応はありません。

・・・・・・

明るい時間では此処はダメか・・
アブラコくらいはと期待しましたが、付けた餌はそのままの状態で戻ってくるようじゃ期待しても無駄かもね。

いまさら場所移動する気にもなれないし、ここで最後まで粘ります。

カジカ狙いのイカゴロを少しずつ場所を変えて探っていたところ、竿ががくんとお辞儀。
その直後に今度は竿尻が上がる大きなアタリです。
この重み、間違いなくカジカです。
慎重に寄せ、そのままブッコ抜けそうな感じでしたが、念のためにタモ入れ。

40に届いたか・・・微妙な大きさ、(^_^;)
でも、なんとか提出魚を確保です。
その後も、サイズアップを期待して粘りますが、後がなくタイプアップでした。

審査会場で検寸、40.8センチ、
あら、意外と大きかったのね。f^_^;
今回はカレイ大会でしたけど、他魚の部で全国暫定13位に食い込みました。

強風が吹き荒れた中の大会参加でしたが、結果だけ残せたかな・・
釣果としては、満足のいくものでは無かったのですが・・・σ^_^;


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村