AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

沼前岬初戦

2020年2月16日

行こうかどうか迷ったのですが、天気予報、磯波情報を見る限りでは、なんとか竿を出せそうな感じでしたので、今年初戦となる沼前岬に行ってきました。

天気予報では、やや強めの東の風、曇り、降水確率0%とありましたが、現地に4時到着した時は吹雪いてました。( ̄◇ ̄;)
おいおい、って感じですが、この後の回復を信じて暗いうちから岬を目指します。

沼前岬、2月中旬はカレイを狙うには時期的に早いのですが、今年の海水温は暖冬の影響で高めに推移し、この時期でも6度近くあります。
昨年は3月上旬でも4度しかなく、貧果に泣かされた沼前でしたが、今年は大丈夫でしょう。と予想してます。(^_^;)

この日は、積雪の具合を心配し、スノーシューを持ってきたのですが、驚いたことに雪がまったくありませんでした。

入り口となる沼前トンネル付近は、みた通り積雪ゼロ状態。

経路上も雪はなく、暗闇の中でも40分かからずに岬のポイントには5時の到着でした。

日の出まで、あと1時間半。
暗いうちは期待できませんから、ゆっくりと竿3本を準備、一本針、L天秤の2本針、コマセロケット付といつもの統一性ない布陣の仕掛けです。f^_^;

明るくなってから一斉投射でスタートと思って待機してましたが、さすがに黙ってると寒さが身に染みてきます。
試しにL天秤の2本針仕掛けをぶん投げてみます。

期待してなかったのですが、ラインを張ると、いきなりグングン来ました。

ホッケかぁ。有り難みをあまり感じないのですが、釣れるホッケはみな35を超える型の良いものばかりです。

入れ食いですから竿は1本扱うのが精一杯です。
このまま釣れ続くと大変なことになるなぁ、背負って帰れない。(^_^;)
なんて、思ってましたが心配御無用、ホッケ祭りは夜明けを迎えた頃には終了でした。

今回は、ホッケを釣りに来たわけじゃないんですよね。
春先の沼前は、型の良いアサバやマガレイ が釣れる場所です。今回はカレイ類を狙ってますので・・

仕掛けを全竿、1本針に換えて遠投でカレイを狙います。

・・・・・・・

何も釣れない。( ̄^ ̄)

まったりしているところで、「釣れますかぁ」っと後ろから声をかけられ、びっくり‼️

まさか、こんな時期に沼前に釣りに来る人なんていると思ってもいませんでしてからなおさらです。^_^

その方、ジグ投げてますからサクラ狙いなのかな。
今日の沼前は、ホッケが濃いんです。ジグにもバンバン、ホッケがヒットしてましたよ。^_^;

一方のカレイ狙いですが、アタリが遠いです。
水温は高いけど岸よりはまだなのか・・・

遠投した仕掛けにもポツポツとホッケが釣れてはきますが、朝方のホッケに比べ型が落ちてきてます。もうホッケはいらないのでリリース。

10時を回ってあと1時間勝負と考えてたところで、ようやくきました。

30そこそこのアサバと30オーバーのギスのダブル、めちゃ重かったです。
この後も、11時まで粘るもカレイは続きませんでした。

本日の持ち帰り。

ホッケが釣れてなかったら悲惨な結果でしたね。
水温が高めだけど、カレイの岸よりは、まだ早かった感じの沼前でした。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村