AKAMIMI’s diary

北海道在住AKAMIMIの趣味ブログです

どうしたAKAMIMI(近況報告)

皆さん、ご無沙汰しておりました、f^_^;
1月の初釣り以来ですから、2ヶ月ぶりの更新になります。

夏場など釣れない時期にブログの更新を休むことはあったけど、この時期に更新しないのは珍しいこと・・

コロナに感染した?
磯で波にさらわれた?
はたまた崖から滑落した?などとご心配をおかけしていたかもしれません。

実はこんな事になってまして・・・

f:id:AKAMIMI:20210321131123j:plain

事の始まりは、昨年末に左足の指の小さな傷、その時は大した事ないと絆創膏巻いていたのですが、年が明けてから急激に拡大・悪化しまして、まるで凍傷になって皮膚が壊死したように黒ずんできました。

皮膚科の病院で診てもらったところ、皮膚科では処置できないので循環器科のある病院で診てもらってとのこと・・
循環器科の病院に行き、検査の結果「重症化下肢虚血」の疑いがあるとか・・

「重症化下肢虚血」とは、足の動脈硬化で血流が悪くなり、足先に血が通わなくなって壊死が起きているというもの。
「切断も覚悟してください」と言われました。
更にこの病気、予後は悪く5年後の生存率が50%とのこと、
大きな病気もせずに、ぼーっと生きてきたわたしが、この時初めて死というものと向き合いました。

そして受診後即入院となり、翌日にはカテーテルの手術を受けることになります。

術後は血流はある程度回復し、これから足先の潰瘍は良くなると思いきや、更に悪化、痛みでまったく寝れない状況が2ヶ月続きます。

3月も半ばを過ぎ、ようやく回復に向かってきた感じで、痛み止めを飲んで3〜4時間は眠れるようになってきました。
この間、病名も「重症化下肢虚血」の疑いから、「壊疽性膿皮症」の疑いへ、更に「下肢動脈閉塞症」へと変わります。

今は、松葉杖がなくても歩けるようになってきましたが、釣りに行くのはさすがに無理な状態です。
例年なら、沼前岬や忍路竜ヶ崎など、平物狙いで激磯を駆け巡っているはずなのですが・・

今年の春のカレイ戦のため、リールを新調してました。釣具はシマノ 派のわたくしですが、昨年ダイワのスカイキャスター33-405を揃えたこともあり、ダイワの竿にはダイワのリールと、19トーナメントサーフ45を購入し準備してたけど、春のカレイ戦は無理ですね。(ノ_<)

f:id:AKAMIMI:20210322122901j:plain

4月末、ゴールデンウィークまでに、動けるまで回復してくれればと思ってます。

激磯に釣に行けないアカミミなんて、クリープを入れないコーヒーと同じですから・・笑