AKAMIMI’s diary

AKAMIMIが綴る北海道の釣りブログです。

水中映像から仕掛を考察(勇払海岸水中動画)

 最近水中カメラで撮影した映像をYouTubeで公開してます。^_^

「竜ヶ岬の水中動画」は、魚影が濃い場所でカレイがたくさん写っていることもあり、多くの方にご視聴いただきました。
カレイの習性を間近に見て、仕掛け作りの参考になったと言う声もいただいております。
竜ヶ岬の撮影環境ですが、波風ともに比較的穏やかで、また水深が20メートルほどある場所なので、仕掛けもほぼ動かない状況下の撮影でした。

今回は「勇払海岸の水中動画」と題して、竜ヶ岬とは違う環境下で水中を撮影しています。
波が1メートルくらいある状況で、水深が3メートルと浅い場所で仕掛けがどういう状態にあるか撮影したものです。

動画を撮影する前に抱いていた疑問が一つありました。
私の場合、サーフでカレイを狙ったとき、上針に良く着くということ、
使っている仕掛けは2本針の先オモリ仕掛けが主で、上針はハリスが短め、下針は片天秤で長めのハリスになってます。

深みのある場所でカレイを狙った場合、下針に良く着くのに何故だろうと・・・

この疑問が今回の動画を見て理解できました。
サーフで波がある場合、ハリスが長いと潮にもまれて安定しないんです。(カレイが食いつけない)
だからサーフではハリスが短い上針にカレイがよく着くんですね。
波のない潮があまり動いていない時には、長めのハリスでも良いのかもしれませんが、波がある時はハリスは短めが効果的と思います。
また、サーフ以外でも水深が浅く波の影響を受ける場所の仕掛けにも適用できるかと・・・
時と場所、状況に応じた仕掛けの使い分けが釣果を伸ばすコツだと思います。

今回は、カレイが薄かったので魚体の映像は期待していなかったけど、クロガシラ が餌を咥える瞬間も写ってますよ。

興味のある方は是非ご視聴ください。^_^

【北海道の釣り/水中映像】勇払海岸の水中動画 - YouTube



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

AKAMIMI's diary - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村